やさしいにほんご > いりょう ほけん・ねんきん・ぜいきん > 国民年金(こくみん ねんきん)・厚生年金(こうせい ねんきん)の 概要(がいよう)

ここから本文です。

国民年金(こくみん ねんきん)・厚生年金(こうせい ねんきん)の 概要(がいよう)

国民年金(こくみん ねんきん)と 厚生年金(こうせい ねんきん)のあらまし

ここでは、自分で事業(じぎょう)を している人や 学生(がくせい)が入る「国民年金(こくみん ねんきん)」と、会社(かいしゃ)や 事業所(じぎょうしょ)に 勤(つと)めている人が 入る「厚生年金(こうせい ねんきん)」について 説明(せつめい)します。

 

国民年金(こくみん ねんきん)(基礎年金(きそ ねんきん))

厚生年金保険(こうせい ねんきん ほけん)

(1)加入対象者(かにゅう たいしょうしゃ)

20さいから 59歳までの人で 厚生年金保険(こうせい ねんきん ほけん)などに 加入(かにゅう)できない人。
外国人登録(がいこくじん とうろく)を 行(おこ)なっている 20さい 以上(いじょう) 60さい 未満(みまん)の人(ひと)も、会社(かいしゃ)などに つとめていなくても、国民年金(こくみん ねんきん)に 加入(かにゅう)する 必要(ひつよう)が あります。

会社(かいしゃ)や 事業所(じぎょうしょ)で はたらく人。

(2)加入手続き(かにゅう てつづき)

パスポート(ぱすぽーと)(入国日(にゅうこくび)がわかるもの)と印鑑(いんかん)を 持参(じさん)し、市町村の窓口で手続き(てつづき)を おこなってください。(本人(ほんにん)が 届出書(とどけでしょ)に 自(みずか)ら署名(しょめい)する場合は 印鑑(いんかん)は いりません

勤務(きんむ)する 会社や 事業所(じぎょうしょ)が 手続(てつづ)きします。

(3)保険料(ほけんりょう)と 納付方法(のうふ ほうほう)

所得(しょとく)に 関係(かんけい)なく 一律月額(いちりつ げつがく)15,590円 日本年金機構(にっぽん ねんきん きこう)から 納付案内書(のうふ あんないしょ)が 送(おく)られてくるので、金融機関等(きんゆうきかんなど)で 保険料(ほけんりょう)を ふり込んでください。

給料(きゅうりょう)から 自動的(じどうてき)に さしひかれます。額(がく)は 所得(しょとく)に 応(おう)じてきまり、雇(やと)い主(ぬし)と 加入者(かにゅうしゃ)が 半分(はんぶん)ずつ しはらいます。

(4)帰国(きこく)するとき

下記の「帰国するとき」を参照してください。

(5)給付(きゅうふ)の種類(しゅるい)

【老齢基礎年金(ろうれい きそ ねんきん)】

保険料(ほけんりょう)を 納(おさ)めた期間(きかん)や 免除(めんじょ)された 期間(きかん)が あわせて25年以上あるとき、65さいから うけられます。

【老齢厚生年金(ろうれい こうせい ねんきん)】

国民年金(こくみん ねんきん)の 老齢基礎年金(ろうれい きそ ねんきん)を うける資格期間(しかく きかん)を みたしたとき。

【障害基礎年金(しょうがい きそ ねんきん)】

国民年金加入中(こくみん ねんきん かにゅうちゅう)に 障害(しょうがい)を 負った人や、20さいになるまえの 障害(しょがい)がもとで 障害者(しょうがいしゃ)に なったときに うけられます。

【障害厚生年金(しょうがい こうせい ねんきん)】

厚生年金保険(こうせい ねんきん ほけん)に 加入中(かにゅう ちゅう)の 障害 (しょうがい)で 国民年金(こくみん ねんきん)の 障害基礎年金(しょうがい きそ ねんきん)が うけられるときに、障害基礎年金(しょがい きそ ねんきん)に 上乗(うわの)せして うけられます。

【遺族基礎年金(いぞく きそ ねんきん)】

国民年金加入中(こくみん ねんきん かにゅうちゅう)に死亡(しぼう)したとき その人の 給料(きゅうりょう)によって 生活していた17さい以下の 子のある妻、または子に 支給(しきゅう)されます。

【遺族厚生年金(いぞく こうせい ねんきん)】

厚生年金保険(こうせい ねんきん ほけん)に 加入(かにゅう)していた人が 死んだ場合に、一定(いってい)の 条件(じょうけん)を みたす場合、その遺族(いぞく)に対(たい)し、遺族基礎年金(いぞく きそ ねんきん)に 上乗(うわの)せして うけられます。

国民年金保険料(こくみん ねんきん ほけんりょう)の 支払(しはら)いが むずかしいとき

所得(しょとく)が 少ないなど、保険料(ほけんりょう)を おさめることが むずかしい人は、申請(しんせい)してください。
保険料(ほけんりょう)の 全額(ぜんがく)または 一部(いちぶ)が 免除(めんじょ)される 場合があります。
また、学生は 保険料(ほけんりょう)の 支払(しはら)いが 猶予(ゆうよ)される「学生納付特例制度(がくせい のうふ とくれい せいど)」を 利用(りよう)できます。免除等(めんじょ など)は、原則(げんそく)、毎年(まいとし)手続(てつづ)きを おこなう ひつようがあります。

帰国(きこく)するとき

25年以上 保険料(ほけんりょう)を おさめていれば、65さいになったときに 日本に 住んでいなくても、年金を 送金(そうきん)してもらい、うけとることができます。保険料納付済期間(ほけんりょう のうふずみ きかん)が 6ヶ月以上ある場合も、日本から 出国後(しゅっこく ご)、請求手続(せいきゅ てつづ)きをすると 脱退一時金(だったい いちじ きん)が うけられます。

問い合わせ(といあわせ)

【国民年金】

鹿児島市役所国民年金課(かごしま しやくしょ こくみん ねんきん か)
TEL 099-216-1224

谷山支所市民課市民係(たにやま ししょ しみん か しみん がかり)
TEL 099-269-8410

伊敷支所総務市民課市民係(いしき ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-229-2111

吉野支所総務市民課市民係(よしの ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-244-7111

東桜島支所総務市民係(ひがし さくらじま ししょ そうむ しみん がかり)
TEL 099-221-2111

吉田支所総務市民課市民係(よしだ ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-294-1212

桜島支所総務市民課市民係(さくらじま ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-293-2347

喜入支所総務市民課市民係(きいれ ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-345-3754

松元支所総務市民課市民係(まつもと ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-278-2114

郡山支所総務市民課市民係(こおりやま ししょ そうむ しみん か しみん がかり)
TEL 099-298-2113

鹿児島北年金事務所(かごしま きた ねんきん じむしょ)
TEL 099-225-5311

鹿児島南年金事務所(かごしま みなみ ねんきん じむしょ)
TEL 099-251-3111

【厚生年金】

鹿児島北年金事務所(かごしま きた ねんきん じむしょ)
TEL 099-225-5311

鹿児島南年金事務所(かごしま みなみ ねんきん じむしょ)
TEL 099-251-3111

【共済年金】

それぞれの 組合(くみあい)などに おたずね ください。