やさしいにほんご > いりょう ほけん・ねんきん・ぜいきん > 社会保険制度(しゃかい ほけん せいど)

ここから本文です。

社会保険制度(しゃかい ほけん せいど)

日本(にっぽん)の 社会保険(しゃかい ほけん)には、下(した)の表(ひょう)のようなものが あります。
くわしくは 各項目(かく こうもく)の ページを みてください。

保険(ほけん)の 種類(しゅるい)

うけられる 給付(きゅうふ)(主(おも)なもの)

社会保険
(しゃかい ほけん)

 

 

医療保険
(いりょう ほけん)

  • 病気(びょうき)や けがなどを したとき
    療養(りょうよう)の 給付(きゅうふ)など
  • 病気(びょうき)や けがで はたらけなくなったとき
    傷病手当金(びょうしょう てあてきん)
  • 死んだとき
    埋葬料(まいそう りょう)
  • こどもを うんだとき
    出産手当金(しゅっさん てあてきん)
    出産育児一時金(しゅっさん いくじ いちじ きん)

 

国民健康保険(こくみん けんこう ほけん)

健康保険(けんこう ほけん)

船員保険(せんいん ほけん)

共済組合(きょうさい ほけん)

年金保険
(ねんきん ほけん)

  • 仕事(しごと)や 通勤(つうきん)で 障害(しょうがい)を おったとき
    障害年金(しょうがい ねんきん)
    障害手当金(しょうがい てあてきん)
  • 死んだとき
    遺族年金(いぞく ねんきん)
  • 年をとって 引退(いんたい)したとき
    老齢年金(ろうれい ねんきん)

 

国民年金(こくみん ねんきん)

厚生年金(こうせい ねんきん)

共済組合(きょうさい ねんきん)

介護保険
(かいご ほけん)

  • 要介護・要支援認定(よう かいご・よう しえん にんてい)を うけたとき
    介護サービス(かいご さーびす)

雇用保険
(こよう ほけん)

  • 会社(かいしゃ)を やめたとき
    失業手当など(しつぎょう てあて)

労働者災害補償保険
(ろうどうしゃ さいがい ほけん)

  • 仕事(しごと)や 通勤(つうきん)で けがなどを おったとき
    傷害補償給付(しょうがい ほしょう きゅうふ)
  • 仕事(しごと)や 通勤(つうきん)で 障害(しょうがい)を おったとき
    障害補償給付(しょうがい ほしょう きゅうふ)
  • 病気(びょうき)や けがで 働(はたら)けなくなったとき
    傷病手当金(しょうびょう てあてきん)
  • 仕事(しごと)の 事故(じこ)で 死んだとき
    遺族補償給付(いぞく きゅうふきん)
    葬祭料(そうさい りょう)

民間(みんかん)の 保険(ほけん)

民間(みんかん)の 保険会社(ほけん がいしゃ)が 運営(うんえい)しているもの。保険会社(ほけん がいしゃ)が、さまざまな 保険(ほけん)を 販売(はんばい)しています。

日本では、これら保険(ほけん)とは べつに、生活(せいかつ)に 困(こま)っている人に 対して 最低限(さいてい げん)の 生活を 保障(ほしょう)する「生活保護(せいかつ ほご:公的扶助(こつてき ふじょ))」の 制度(せいど)があります。