やさしいにほんご > かごしまで くらしを はじめる > 住宅用語(じゅうたく ようご)の 説明(せつめい)

ここから本文です。

住宅用語(じゅうたく ようご)の 説明(せつめい)

不動産屋(ふどうさんや)

不動産(ふどうさん)の 売買(ばいばい)や、民間(みんかん)の 賃貸住宅(ちんたい じゅうたく)の 紹介(しょうかい)などを おこなう店(みせ)。

家賃(やちん)

かりる住宅(じゅうたく)の 1ヶ月分(かげつぶん)の 賃料(ちんりょう:おかね)。
毎月(まいつき)、つぎの 月(つき)の 分(ぶん)を はらいます。
はじめは 2ヵ月分(かげつぶん)を はらいます。
家賃(やちん)は通常(つうじょう)、銀行口座引き落とし(ぎんこう こうざ ひきおとし)です。

管理費・共益費(かんりひ・きょうえきひ)

住(す)んでいる 人(ひと)たちが 共同(きょうどう)で 使(つか)う 場所(ばしょ)や 設備(せつび)の 管理(かんり)、電気代(でんきだい)、そうじ代(だい)などに かかるお金(かね)。家賃(やちん)とは 別(べつ)に はらいます。

敷金(しききん)

かりる人(ひと)が 契約(けいやく)をするときに、家主(やぬし)(家の所有者(いえの しょゆうしゃ))に 預(あず)ける お金(かね)。家賃(やちん)の 1~3ヶ月分(かげつぶん)を 預(あず)けます。
家賃(やちん)を はらっていないときや 修理(しゅうり)のために 使(つか)われます。
のこった お金(かね)があれば かえされます。

礼金(れいきん)

契約(けいやく)したときに、家主(やぬし)に お礼(れい)として はらう お金(かね)。ふつう、家賃(やちん)の1・2ヵ月分(かげつぶん)で、かえされません。

仲介手数料(ちゅうかい てすうりょう)

部屋(へや)を 紹介(しょうかい)してくれた 不動産屋(ふどうさんや)に はらう お金(かね)。ふつう、家賃(やちん)の 1ヶ月分(かげつぶん)を はらいます。

損害保険料(そんがい ほけんりょう)

契約(けいやく)を するときに、きちょうひんの 損害保険(そんがい ほけん)に はいる 必要(ひつよう)が ある場合(ばあい)に はらうお金(かね)。
火災(かさい)や 水漏れ(みずもれ)などの 損害(そんがい)が 補償(ほしょう)されます。

契約更新料(けいやく こうしんりょう)

住宅(じゅうたく)を かりる 契約期間(けいやく きかん)は、ふつう 2年(ねん)です。
2年(ねん)たって また契約(けいやく)を するときに、家主(やぬし)に はらう お金(かね)。 ふつう 家賃(やちん) 1ヵ月分(かげつぶん) 程度(ていど)。

連帯保証人(れんたい ほしょうにん)

かりた人(ひと)が 家賃(やちん)などを はらえなく なったときに、かわりに はらう人(ひと)。入居申込み(にゅうきょ もうしこみ)の時(とき)に 必要(ひつよう)です。

同居者(どうきょしゃ)

かりる住宅(じゅうたく)に 同居(どうきょ)する人(ひと)が いる場合(ばあい)は 契約(けいやく)する時(とき)に 家主(やぬし)に 届け出る(とどけでる)ことに なっています。
届け出(とどけで)のない人(ひと)を 同居(どうきょ)させると、退去(たいきょ)させられる 場合(ばあい)が あります。