やさしいにほんご > こそだて > こどもの 虐待(ぎゃくたい)に 気(き)づいた とき

ここから本文です。

こどもの 虐待(ぎゃくたい)に 気(き)づいた とき

次(つぎ)のことに 気(き)づいたときは すぐに 連絡(れんらく)してください。

  1. こどもを たたく音(おと)や さけび声(ごえ)が きこえる。
  2. こどもの 体(からだ)に きずが 多(おお)い。
  3. こどもの 服(ふく)や 体(からだ)が いつも 汚(よご)れている。
  4. 小(ちい)さな こどもを 1人にして 親(おや)が よく 外(そと)に でている。

※県中央児童相談所(けん ちゅうおう じどう そうだんじょ)では、専門(せんもん)の 職員(しょくいん)が しらべ、指導(しどう:おしえる)をします。必要(ひつよう)な ときには こどもを 守(まも)ります。(連絡(れんらく)した人(ひと)のことは 秘密(ひみつ)に します)

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284

鹿児島県中央児童相談所(かごしまけん ちゅうおう じどう そうだんじょ)

TEL 099-264-3003
FAX 099-264-3044