やさしいにほんご > こそだて > 母子・父子家庭(ぼし・ふし かてい)のための 助成(じょせい)

ここから本文です。

母子・父子家庭(ぼし・ふし かてい)のための 助成(じょせい)

母子(ぼし)・父子(ふし)家庭等(かていとう) 医療費(いりょうひ)の 助成(じょせい)

母子家庭(ぼし かてい:おとうさんが いない かぞく)・父子家庭(ふし かてい:おかあさんが いない かぞく)・父母(ふぼ:おとうさんとおかあさん)の いない こどもに 医療費(いりょうひ:びょうきの ちりょうに かかる おかね)を 一部(いちぶ) 助成(じょせい)しています。

助成額(じょせいがく)

  • 保険証(ほけんしょう)を使(つか)って支払(しはら)ったお金(かね)

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1261
FAX 099-216-1284

児童扶養手当(じどう ふよう てあて)

おとうさん または おかあさんがひとりで こどもを そだてているときや おとうさん、 おかあさんの どちらかに 重度(じゅうど)の 障害(しょうがい)があるときに もらえる お金(かね)です。
こどもが 18才(さい)よりも わかい 場合(ばあい)にもらえます。また、こどもに中度以上(ちゅうど いじょう)の 障害(しょうがい)が あるときは こどもが 20才(さい)に なるまで もらえます。
くわしくは 問い合わせ(といあわせ)て ください。

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284

市民福祉手当(しみん ふくし てあて)

4月1日のときに 鹿児島市(かごしまし)に 1年(ねん)よりも 長(なが)く 住(す)んでいる人(ひと)が もらえる お金(かね)です。
下(した)の 表(ひょう)の とおりです。くわしくは 問い合わせ(といあわせ)て ください。

種別(しゅべつ:しゅるい)

お金(かね)が もらえる 人(ひと)

もらえる 金額(きんがく)

遺児等修学手当(いじ とう しゅうがく てあて)

おとうさんか おかあさんの どちらか または どちらも いない家庭(かてい)で 小・中学生(しょう・ちゅうがくせい)を そだてている 人 (ひと)。おとうさんか おかあさんの どちらか または どちらも 重度(じゅうど)の障害(しょうがい)がある家庭(かてい)で 小・中学生(しょう・ちゅうがくせい)を そだてている 人(ひと)。
こどもが 福祉施設(ふくし しせつ:しょうがいの ある こどもの せわを してくれる ばしょ)に いるときは お金(かね)は もらえません。

1年間(ねんかん)で24,000円(えん)
所得(しょとく)が高(たか)いときは半額(はんがく)

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284

母子父子・寡婦福祉資金(ぼしふし かふ ふくし しきん)

母子家庭(ぼし かてい:おとうさんが いない かぞく)の人や(ひと)父子家庭(ふし かてい:おかあさんが いない かぞく)の人(ひと)が こどもを そだてているときの、こどもの 学校(がっこう)の お金(かね)などを貸(か)します。
くわしくは、問い合わせ(といあわせ)て ください。

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284

愛の福祉基金(あいの ふくし ききん)

寄付(きふ)された お金(かね)を 使(つか)って 母子・父子家庭(ぼし・ふし かてい:おかあさん または おとうさんが いない かぞく)の こどもは 図書カード(としょ かーど)を もらえます。
こどもが 中学校(ちゅうがっこう)に 入(はい)るときに 図書カード(としょ かーど)が もらえます。

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284

市母子寡婦福祉会(し ぼし かふ ふくしかい)

母子家庭(ぼし かてい:おとうさんが いない かぞく)の人(ひと)や 父子家庭(ふし かてい:おかあさんが いない かぞく)の人(ひと)や 夫(おっと)が なくなった人(ひと)たちが 助(たす)けあって 生活(せいかつ)するための 活動(かつどう)を しています。
お金(かね)を 貸(か)すことも しています。

場所(ばしょ)

柳町(やなぎまち) 3-22
柳町福祉館3階(やなぎまち ふくしかん 3かい)

問い合わせ(といあわせ)

母子寡婦福祉会(ぼし かふ ふくしかい)
TEL・FAX 099-223-4951

母子・父子家庭(ぼし・ふし かてい)などへの 家庭生活支援員(かてい せいかつ しえんいん)の 派遣(はけん)

母子家庭(ぼし かてい:おとうさんが いない かぞく)や 父子家庭(ふし かてい:おかあさんが いない かぞく)が 利用(りよう)することが できます。
少(すこ)しの 間(あいだ) 病人(びょうにん)などの 介護(かいご)や こどもを そだてる 助(たす)けに なる人(ひと)を 紹介(しょうかい) しています。

派遣期間(はけん きかん:りよう かのうな にっすう)

10日まで

申込み(もうしこみ)

市母子寡婦福祉会(し ぼし かふ ふくしかい)
柳町(やなぎまち) 3-22
TEL 099-223-4951

※収入(しゅうにゅう)によっては あなたが お金(かね)を はらう 場合(ばあい)も あります。

問い合わせ(といあわせ)

こども福祉課(こども ふくしか)
TEL 099-216-1260
FAX 099-216-1284