文字サイズ変更

MENU

トピックス > ものづくり職人の仕事~vol.6 陶芸(薩摩焼)~

ものづくり職人の仕事~vol.6 陶芸(薩摩焼)~

陶工は自由な発想力と表現力が大事 「作品を気に入ってもらえたら達成感」

鹿児島県薩摩焼協同組合理事長の荒木秀樹さんに、陶工のやりがいを聞きました。

荒木さんは約400年の歴史を持つ苗代川焼・薩摩焼窯元の15代目で、鹿児島を代表する陶工の一人です。

仕事内容

各窯での販売はもちろん、日本国内の展示会やアンテナショップ等で作品を販売。

受注生産もあり、要望に応じた作品を製造する。

製造工程は多岐にわたるが、オーダーから約1~2ヶ月でお客様へ納品する。

陶芸1

やりがいや達成感

自由な発想をみがき、それを形にして作品として具現化された時の達成感。

作品を気に入ってくれる人がいることがモチベーションアップにつながる。

時代が変わっても、職人として作り続けることで、これまでの足跡に自信が持てる。

必要な技能を得るために

自分の作る最高の作品をイメージでき、それを具現化する技術を身に付けることが必要だが、最も重要なのは「陶芸をやりぬく」という志を持ち続けること。

陶芸2

※記事内容は2018年現在のものです


最終更新日:2019年4月3日

動画で見る職人の魅力

※再生リストでその他の動画がご覧頂けます。

  • 事業所訪問
  • 鹿児島市