文字サイズ変更

MENU

トピックス > ものづくり職人の仕事~vol.8 建築・型枠大工~

ものづくり職人の仕事~vol.8 建築・型枠大工~

建物の下地を造る建築・型枠大工 住む人の暮らしをつくる達成感

鹿児島建築工友会会長の山崎善光さんに、建築・型枠大工のやりがいを聞きました。

山崎さんは、鹿児島高等技術専門校の木造建築科指導員なども兼務しています。

仕事内容

木造住宅や鉄筋コンクリート建築の基礎・骨組み・床・屋根など、建物の下地となる個所を作る仕事。

建物の強度にかかわる重要な仕事で、職人の技術が求められる。

大工1

やりがいや達成感

大工として家を建てることは、その家に長く住む人の暮らしをつくることなので、完成後の達成感が大きい。その施主から別の人への紹介があった時に、評価されたと実感できる。

大工として成熟すると自分の家も建てることができるので、長く続ける意義もメリットも大きい。

必要な技能を得るために

高等技術専門校で学び、技能士の資格取得も可能。

一定以上の技能を得るまでには時間を要するが、できるようになると他同業者の技術も理解できるようになり、作業の効率化によるコストパフォーマンスのアップにもつながる。

大工2

※記事内容は2018年現在のものです


最終更新日:2019年4月3日

動画で見る職人の魅力

※再生リストでその他の動画がご覧頂けます。

  • 事業所訪問
  • 鹿児島市