• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

鹿児島市消防の沿革

  • 昭和23年8月 消防組織法により、消防本部及び消防署を南林寺町に設置する。(本部員6人、署員45人)
  • 昭和24年2月 消防本部を市庁舎3階に移転、武消防出張所を高麗町に設置する。
  • 昭和25年12月 小川町大火。(185世帯179棟が焼失)
  • 昭和27年3月 消防本部を山下町に新築移転する。
  • 昭和32年7月 消防音楽隊が発足する。
  • 昭和33年5月 鹿児島電話局の自動化に伴い、火災通報が「119番」になる。
  • 昭和35年12月 救急業務を開始する。
  • 昭和36年10月 郡元町港大火(774世帯751棟焼失)
  • 昭和40年2月 郡元町新川大火(123世帯99棟焼失)
  • 昭和41年2月 市民防火の日(毎月9日)を制定する。

昭和33年出動風景
昭和33年当時の出動風景

  • 昭和42年4月 旧鹿児島市と谷山市が合併し、新鹿児島市が誕生。谷山市消防署を谷山分遣隊に改称する。
  • 昭和43年9月 はしご車(30メートル級)を配備する。
  • 昭和45年11月 鹿児島市消防署を中央消防署と南消防署に分割し2署体制となる。
  • 昭和46年10月 鹿児島市消防本部を鹿児島市消防局に改称する。
  • 昭和47年4月 救助隊が発足する。
  • 昭和49年3月 電話の普及により望楼勤務を廃止する。
  • 昭和58年4月 南消防署を南栄五丁目に移転する。
  • 昭和59年4月 中央消防署を天保山町に移転する。
  • 昭和63年4月 通信指令管制システムのコンピュータ化を図る。
  • 昭和63年7月 自治体消防発足40周年式典を挙行する。(市民文化ホール)

はしご車の導入
はしご車の導入

望楼勤務
昭和49年まで実施していた望楼勤務

  • 平成 元年 3月 国際消防救助隊に加盟する。
  • 平成 4年  3月 救急救命士養成事業を開始。
  • 平成 5年  8月 8・6豪雨災害
  • 平成5 年12月 高規格救急車(1台目)を配備する。
  • 平成 6年 8月 気象情報及び雨量観測オンラインシステムを運用開始する。
  • 平成 7年 1月 阪神・淡路大震災に応援隊を派遣する。
  • 平成 7年 6月 緊急消防援助隊に登録する。
  • 平成 8年 6月 画像伝送システムの運用を開始する。
  • 平成 9年 5月 鹿児島市消防活動支援OB隊が発足する。
  • 平成 9年 7月 出水市針原地区土石流災害に応援隊を派遣する。
  • 平成10年8月 自治体消防50周年記念式典を挙行(鹿児島アリーナ)

災害活動
8・6豪雨災害時の活動

広域消防応援活動
出水市針原地区土砂災害へ応援

  • 平成11年  1月 桜島町の消防事務受託に関して規約を締結
  • 平成11年  4月 女性消防士を採用(2人)
  • 平成11年  9月 台湾地震災害へ国際消防救助隊員を派遣
  • 平成13年  1月 消防局庁舎を山下町15番1号に新築移転する。消防緊急通信指令システムを更新する。支援情報システムの運用を開始する。桜島町との消防委託業務を開始する。
  • 平成13年  4月 鹿児島市消防総合訓練研修センターを新栄町に新設する。郡元分遣隊を新栄町に移転する。鹿児島市防災情報システムの運用を開始する。煙火の消費許可事務を開始する。(権限移譲)
  • 平成14年  4月 西消防署を城西二丁目に新設し3署体制となる。
  • 平成15年  3月 吉野分遣隊を移転新築
  • 平成16年11月 隣接の吉田町、桜島町、喜入町、松元町、郡山町と合併する。吉田分遣隊及び喜入分遣隊を設置する。
  • 平成18年  4月 松元分遣隊を上谷口町に、郡山分遣隊を郡山町に新設し、21本署・分遣隊体制となる。
  • 平成19年  2月 高度救助隊発足 (スーパーレスキューかごしま)
  • 平成20年  8月 自治体消防60周年記念式典を挙行(鹿児島アリーナ)
  • 平成21年  4月 情報管理課を新設
  • 平成23年  3月 東日本大震災に緊急消防援助隊を派遣
  • 平成25年  8月 喜入分遣隊を移転新築
  • 平成26年  4月 災害用二輪車を配備
  • 平成26年  6月 谷山北分遣隊を移転新築
  • 平成26年10月 ドクターカー運用開始(高度救急隊発足)
  • 平成27年  1月 鹿児島市制125周年・新生鹿児島市10周年記念 消防出初式挙行
  • 平成27年  4月 消防救急デジタル無線運用開始
  • 平成27年10月 すべての救急車の高規格化完了
  • 平成27年11月 都市型捜索救助活動訓練施設を南消防署に新設
  • 平成28年  3月 通信指令センター運用開始
  • 平成28年  4月 熊本地震に緊急消防援助隊を派遣
  • 平成29年  6月 エネルギー産業基盤災害即応部隊発足
  • 平成30年  8月 自治体消防制度70周年記念式典を挙行(市民文化ホール)  
  • 平成31年  4月 学生機能別分団新設
  • 令和元年 7月 技能別消防団新設
  • 令和2年  7月 令和2年7月豪雨に緊急消防援助隊を派遣
  • 令和3年  4月 救急課を新設、中央本署および谷山分遣隊に救急隊を新設

台湾地震災害
台湾地震災害

消防総合訓練研修センター
消防総合訓練研修センター

東日本大震災
東日本大震災

災害用二輪車
災害用二輪車

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?