• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年7月7日

市場の1日

市場の1日の流れ

市場の1日

おさかなくん

(1)荷おろし(午前2時頃~)

荷おろし

魚介類は、県内をはじめ全国各地からトラックや漁船で運ばれてきます。運ばれてきた魚介類は卸売業者が受け取り、品物の状態を見ながら売りやすいようにせり場に並べられていきます。

(2)せりに備えて下見

せりに備えて下見

せりに参加する仲卸業者、売買参加者は、せりが始まる前に品物を丹念に下見します。長年の経験を生かして、大きさや品質、鮮度を厳しくチェックし、あらかじめ買いたい品物をいくらで買うか決めておきます。

(3)せりの開始(午前5時30分)

せりの開始

午前5時30分、せり開始のチャイムが鳴ると同時に、市場はせり人の威勢のいいかけ声に包まれます。せりは、せり人のかけ声に応じて、仲卸業者や売買参加者が黒板や指でせり値を示すやり方で行われ、最も高い値をつけた人がその品物を買うことができます。せりは、およそ8時頃まで続きます。

(4)買出人でにぎわう仲卸店舗

買出人でにぎわう仲卸店舗

仲卸業者は、せりで買った品物を隣接する仲卸店舗に運び、そこで鮮魚店やスーパーなど買出人が買いやすいように大きさや量を仕分け、調製してから販売します。買出人は、仲卸業者から買った品物を自分の店に運びます。こうして、毎日、新鮮な魚介類がみなさんの食卓に届けられます。

(5)翌日の準備

翌日の準備

卸売業者は、生産者や出荷者などと連絡をとりあい翌日の取引の準備をし、活気に満ちた市場の1日が終わります。

関連リンク

お問い合わせ

産業局中央卸売市場魚類市場

〒892-0835 鹿児島市城南町37-2

電話番号:099-223-0310

ファクス:099-223-9817

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?