• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > ごみ > 事業者ごみ > 一般廃棄物 > 減量計画書(一般廃棄物の減量に関する計画書)

ここから本文です。

更新日:2020年1月6日

減量計画書(一般廃棄物の減量に関する計画書)

鹿児島市では一般廃棄物の多量排出事業者(月平均500kg以上排出する事業者)に対し、一般廃棄物の減量に関する計画書の提出を求めています。

(注)提出期限:令和2年2月28日(金曜日)

減量の取り組みの参考に、事業所ごみの適正処理ガイドブック(サイト内ページにとびます)もご覧ください。

 

計画書の提出先

鹿児島市廃棄物指導課
〒892-8677鹿児島市山下町11-1

電話:099-216-1289

Fax:099-216-1292

課室所在場所:みなと大通り別館4階
計画提出用メールアドレス:haikibutuadoresu

『メールアドレスは、迷惑メール防止のため画像にしてあります。お手数ですが「送信先」に直接アドレスを入力して送信してください。』

事業者の取り組み例

事業者の取り組みについて、参考となる事例を紹介します。

【古紙についての取り組み】

  • ミスコピー用紙の裏面利用
  • 両面コピーの利用
  • ごみ分別の徹底(古紙を燃えるゴミにしない)
  • ペーパーレス化(電子化など)
  • 仕入業者持ち込み用品(段ボールなど)の持ち帰りの徹底、通い函の促進
  • 地域の学校等の資源物回収へ古紙を提供
  • 受信FAXのデータ受信⇒不要な広告FAXを印刷しない
  • 毎月の廃棄物や電力等の報告をネット化⇒各事業所の情報の共有

【生ごみについての取り組み】

  • 生ごみの水切り
  • 食材を使い切るメニューの活用
  • 加工済食材の導入(カット野菜の導入)
  • 食べきりたくなるサービスの提供
  • 食品残渣の自社工場でのリキッド飼料化⇒養豚業者へ
  • 生ごみの業務用ゴミ処理機での加熱処理化⇒一部施設内園芸肥料へ
  • 廃棄していた野菜皮などを業者に委託化⇒茶の製品へ
  • 食品工場における賞味期限の長い商品の開発
  • 壊れた物は修理し再利用
  • 店舗ごとのロス管理票の活用

【その他】

  • 全体としてリサイクルの徹底(紙、缶、瓶、ペットボトルなど)
  • 使い捨て容器の不使用
  • 壊れた物は修理し再利用
  • 再生品等グリーン購入を心がける

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局資源循環部廃棄物指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1289

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?