• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 介護保険 > 事業者関係 > 指定通所介護事業所等における宿泊サービス(お泊りデイサービス)について届出が必要となりました

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年7月23日

指定通所介護事業所等における宿泊サービス(お泊りデイサービス)について届出が必要となりました

指定通所介護事業所等の設備を利用し、夜間及び深夜に指定通所介護等以外のサービス(宿泊サービス)を提供する場合は届出が必要です

指定通所介護事業所等(認知症対応型通所介護事業所、介護予防認知症対応型通所介護事業所を含む)の設備を利用して、夜間及び深夜に指定通所介護等以外のサービス(宿泊サービス)を提供する場合は、鹿児島市へ宿泊サービスの内容を届け出ること及び宿泊サービスの提供により事故があった場合についても、鹿児島市へ報告することが義務付けられました。

該当する事業所は、以下により届出を行ってください。

宿泊サービスを提供する場合の指針

宿泊サービスの最低限の質を担保するという観点から、厚生労働省において「指定通所介護事業所等の設備を利用し夜間及び深夜に指定介護等以外のサービスを提供する場合の事業の人員、設備及び運営に関する指針」が定められました。

宿泊サービスの運営に関しては、国の指針を遵守するよう努めてください。

【厚生労働省指針】

指定通所介護事業所等の設備を利用し夜間及び深夜に指定通所介護等以外のサービスを提供する場合の人員、設備及び運営に関する指針について(PDF:418KB)

(注意点)

厚生労働省の指針内の「記録の整備」について、指針では記録の保存を2年間としていますが、鹿児島市では5年間へ読み替えてください。

 

届出書・提出期限

届出書

届出内容 届出書
宿泊サービスを開始するとき

開始届出書(エクセル:133KB)

  • (別紙)社会福祉施設の主な消防設備に係るチェックリスト
  • 届出書類チェック表

(注)(別紙)と届出書類チェック表の様式は開始届出書(エクセル)内の別シートにあります。

届出内容に変更があったとき

 

変更届出書(エクセル:59KB)

(変更のあった箇所のみ記入してください)

 

宿泊サービスを休止または廃止するとき

開始届出書に同じ。

(休止または廃止に〇をつけてください)

 

届出書には以下の書類を添付してください。(変更届の場合は、変更の生じたものについて添付ください。)

  • 運営規程(宿泊サービス分)
  • 平面図(宿泊場所をマーカー等で示した上で、宿泊箇所の面積を記載したもの)

【参考】平面図作成例(エクセル:66KB)

  • 宿泊室(ベッドや布団、パーテイション等を設置した状態)の写真
  • 勤務体制一覧表(夜勤職員の配置が分かるもの)
  • 資格者証の写し(看護師又は准看護士、介護福祉士の資格者証、実務者研修又は介護職員初任者研修の終了証)

 

届出事由と届出期限

届出書 届出事由 提出期限

開始

平成27年3月31日時点ですでに宿泊サービスを提供している場合 平成27年9月30日まで
(速やかに提出してください。)

(新規)開始

新たに宿泊サービスを提供する場合 宿泊サービス提供開始前

変更

届け出た内容に変更がある場合 変更の事由が生じてから10日以内

休止・廃止

宿泊サービスを休止又は廃止する場合 休止又は廃止する日の1月前まで

 

事故報告について

指定通所介護事業所等の設備を利用した宿泊サービス中に事故が起きた場合は、鹿児島市へ報告することが義務付けられました。事故が起きた際は、速やかに届出を行ってください。

届出書

事故報告書(様式)(ワード:51KB)

事故報告書(様式)(PDF:384KB)

【参考】介護サービス提供時の発生事故の報告

 

消防設備等について

消防法令の改正に伴い、平成27年4月1日から高齢者福祉施設(お泊りデイ含む)に関する用途の取り扱いが変更されました。

避難が困難な要介護者を主として入居または宿泊させる(注1)施設においては、延べ床面積に関わらず、スプリンクラー等の消防設備を設置することが義務付けられました。(施行日である平成27年4月1日時点で、現に存する建物については、消防用設備の種類により経過措置が設けられています。)

設置が必要かどうかについては、消防機関へ確認の上対応してください。

(注1)

「避難が困難な要介護者を主として入居させる」とは、要介護3~5の者が、当該施設全体の定員の半数以上であること。

「避難が困難な要介護者を主として宿泊させる」とは、宿泊業務が常態化し、要介護3~5の者が、当該施設の宿泊利用者全体の半数以上であること。

【参考】社会福祉施設の消防用設備等に関わる消防法令改正の概要(PDF:4,019KB)

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局すこやか長寿部長寿あんしん課 長寿施設係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1147

ファクス:099‐224‐1539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?