• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 生活衛生・食品衛生 > 食品衛生 > 食の安全 > はちみつを原因とする乳児ボツリヌス症の注意喚起

ここから本文です。

更新日:2017年4月13日

はちみつを原因とする乳児ボツリヌス症の注意喚起

今般、乳児にはちみつを与えたことによる、乳児ボツリヌス症の死亡事例がありました。

1歳未満の乳児には、乳児ボツリヌス症を予防するために、はちみつを与えないでください。

詳細については、下記のホームページをご覧ください。

ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

蜂蜜を原因とする乳児ボツリヌス症による死亡事案について(事務連絡平成29年4月7日)(外部サイトへリンク)

 

 

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所生活衛生課 食品衛生係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6885

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?