• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 生活・住まい > 耐震 > 市有特定建築物の耐震化率の公表

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2016年12月26日

市有特定建築物の耐震化率の公表

市が所有する特定建築物の耐震化の取組みについて、耐震化率を下記の表のとおり公表します。

耐震化率の公表

本市では、平成20年4月に「鹿児島市耐震改修促進計画」を定め、平成27年度を目標年次として、耐震化を進めています。この中で、市が所有する「特定建築物」については、耐震化率を100%とすることを目指し、進行状況として耐震化率を公表します。

特定建築物とは、以下のいずれかに合致する建築物です。〔建築物の耐震改修の促進に関する法律(平成7年法律第123号)第6条〕

  • 多数の者が利用する建築物
  • 危険物の貯蔵場又は処理場の用途に供する建築物
  • 地震によって倒壊した場合においてその敷地に接する道路の通行を妨げ、多数の者の円滑な避難を困難にするおそれのある建築物

公表の内容と説明

(1)「特定建築物」の全建築物数とは

昭和53年の宮城県沖地震での多大な被害を踏まえ、昭和56年6月に建築基準法が改正されました。それ以降の新耐震基準で建築された建築物については、阪神・淡路大震災において目立った被害は、みられませんでした。

そのため、昭和56年5月以前の建築物について耐震診断を行い、補強が必要な建築物については、計画的に耐震補強工事を行っています。表では、昭和56年6月以降と同年5月以前に建築された、それぞれの建築物の数を示しています。

(2)耐震性を有する建築物とは

「耐震性を有する建築物」とは、「新耐震基準で建築された建築物(1)」と、「昭和56年5月以前に建築された建築物(2)のうち、耐震診断を行い【安全と判定された建築物】および【耐震補強工事が行われた建築物】」を合せた建築物の数を示しています。

(3)耐震化率とは

「耐震性を有する建築物」の割合(%)です。

以上のものを表にすると次のとおりになります。

市有特定建築物の耐震化率(平成28年12月1日現在)

施設分類

「特定建築物」

特定建築物数

計(1)+(2)

耐震性を有する建築物※(3)

耐震化率(3)/((1)+(2))

主な用途

対象となる規模

昭和56年6月以降に建築された建築物(1)

昭和56年5月以前に建築された建築物(2)

学校

(一部は避難所指定)

小学校,中学校

階数2以上かつ

1,000平方メートル以上

101

139

240

240

100%

高等学校

階数3以上かつ

1,000平方メートル以上

市営住宅

共同住宅

階数3以上かつ

1,000平方メートル以上

239

153

392

392

100%

災害時に重要な役割を果たす施設

庁舎,市立病院

中央公民館などの事務所、病院等

階数3以上かつ

1,000平方メートル以上

24

15

39

38

97.5%

市民体育館などの体育館

階数1以上かつ

1,000平方メートル以上

その他の特定建築物

市立保育園

階数2以上かつ

500平方メートル以上

32

9

41

40

97.6%

いしき園などの老人ホーム等

階数2以上かつ

1,000平方メートル以上

清掃工場などの工場、駐車場等

階数3以上かつ

1,000平方メートル以上

合計

396

316

712

710

99.8%

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?