• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 予算・決算・財政 > 財政状況 > 平成20年度 > 市債の公的資金補償金免除繰上償還の実施

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

市債の公的資金補償金免除繰上償還の実施

1.市債の繰上償還について

市債のうち、公的資金(旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、公営企業金融公庫資金)については、任意の繰上償還を行う場合、これまで補償金を支払う必要がありましたが、平成19年度から3年間、年利5%以上の公的資金の繰上償還について、財政健全化計画を定めた団体で、国が示す一定の条件を満たすものを対象として、補償金免除による繰上償還が実施されることとなりました。

※本市(普通会計)の場合、経常収支比率等の要件から、年利6%以上の残債(公共下水道事業については年利7%以上の残債)が対象となります。

2.補償金免除繰上償還の条件

  • (1)行財政改革の実施が確実であると見込まれること。
  • (2)財政健全化計画を定め公表すること。

このことを受け、本市では、鹿児島市行政改革実施計画(集中改革プラン)に基づき、「鹿児島市公的資金補償金免除繰上償還に係る公債費適正化計画」を策定し、平成20年7月に旧簡易生命保険資金及び公営企業金融公庫資金、平成20年11月に旧資金運用部資金についての計画の承認がなされました。

3.繰上償還の予定額及び時期

区分

対象利率

繰上償還予定額

繰上償還の時期

旧資金運用部資金

年利6%~7%未満

1,147,893千円

平成21年3月

年利7%以上

272,183千円

平成21年3月

旧簡易生命保険資金

年利6%~7%未満

1,298,780千円

平成22年3月

年利7%以上

473,760千円

平成20年9月

公営企業金融公庫資金

年利6%~7%未満

546,167千円

平成20年9月

※公営企業金融公庫資金については、本市は、年利7%以上の残債はありません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局財政部財政課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1155

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?