• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年8月29日

だれが何をしているの?

せいか市場ではたらいている人をしょうかいします。

開設者(かいせつしゃ)

中央おろしうり市場をつくったかごしま市のことです。
せいか市場では、たてものの管理や品物の取引が正しくおこなわれるようにしどうするために、11人はたらいています。

せいか市場かんりじむしょ

卸売業者(おろしうりぎょうしゃ)

農家などから品物をあずかり、買う人(仲卸業者や売買参加者)に「せり売り」などで品物を売ることを農林水産大臣がみとめた会社のことで、2つの会社に220人くらいの人がはたらいています。

品物の「せり売り」をする卸売業者(青色、黄色の帽子)

仲卸業者(なかおろしぎょうしゃ)

「せり売り」などで買った品物を市場内のお店で売買参加者や買出人に売ったり、地方の市場やはなれた島に品物をおくることを鹿児島市長がみとめた業者のことで、市場の中で25のお店に300人くらいの人がはたらいています。

「せり売り」に参加して品物を買う仲卸業者(緑色の帽子)

売買参加者(ばいばいさんかしゃ)

仲卸業者と同じように「せり売り」に参加して品物を買うことを鹿児島市長がみとめた八百屋さんやスーパーなどの市場のそとにお店がある人のことで約130のお店から400人くらいの人が市場ではたらいています。

「せり売り」に参加して品物を買う売買参加者(赤色の帽子)

買出人(かいだしにん)

市場内の仲卸業者のお店に品物を買いにきて、八百屋さんやたくさんやさいを使う食堂の人たちのことで、300人くらいの人が市場に買いにきます。

関連事業者(かんれんじぎょうしゃ)

市場を利用する人たちのために、やさいやくだもの以外の食品を売るお店や、銀行(ATM)・郵便局・食堂などのことで、30くらいのお店や事務所があり、100人くらいの人がはたらいています。

このほかにもせいか市場では、品物をトラックではこぶ人やいろんなしせつを管理する人など毎日1000人をこえる人がはたらいています。

かごしま市ちゅうおうおろしうり市場せいか市場かんりじむしょ

お問い合わせ

産業局中央卸売市場青果市場

〒891-0115 鹿児島市東開町11-1

電話番号:099-267-1311

ファクス:099-267-1314

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?