• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年10月25日

国際交流活動助成

鹿児島市は、市内の民間団体独自の創意工夫による「国際交流事業」・「国際協力事業」・「多文化共生を推進する事業」の実施を促進するとともに、これらの事業を行う民間団体を育成することで、本市の国際交流・国際協力・多文化共生を促進することを目的として、活動の経費の一部を助成しています。

助成対象団体

次のいずれかである必要があります。

1.組織的かつ継続的に国際交流活動・国際協力活動・多文化共生を推進する事業を行い、市内に活動拠点を有する団体

または

2.姉妹・友好都市からの招へいによりその都市を訪問し、現地において交流を行う団体で、訪問の目的が姉妹・友好都市との友好親善に寄与すると市長が認めた団体

助成対象事業

  1. 国際理解を促進する事業
  2. 外国との学術、芸術、文化又はスポーツ交流事業
  3. 国際協力及び多文化共生を推進する事業
  4. 姉妹・友好都市からの招へいによる渡航事業
  5. その他市長が必要と認める事業

対象事業の条件

  1. この事業の目的に沿うものであること
  2. 政治目的、営利目的、宗教目的でないこと
  3. 当該事業に対し、市から他の助成を受けていないこと

対象経費

当該事業の実施に要する直接的経費とし、実施団体の運営経費は除きます。

(注)パーティー等の食事代は、対象となりません。

助成額

  1. 一般の事業(助成対象団体の「1」に該当する団体が実施する事業)
    事業に要する経費の2分の1以内の額(上限50万円)
  2. 姉妹・友好都市からの招へいによる渡航事業(助成対象団体の「2」に該当する団体が実施する事業)
    下記(1)と(2)の合計額
    • (1)往復国際航空運賃の3分の1の額に渡航する人数を乗じて得た額、または10万円に渡航する人数を乗じて得た額のうち、いずれか少ない額(上限100万円)
      および
    • (2)交流活動の実施に要する経費の2分の1以内の額(上限50万円)

助成条件

  • 申請を行おうとする団体は、事業実施日の1か月前(土日祝日の場合はその前日)までに書類をご提出ださい。
  • 助成は1団体あたり1年度1件とします。ただし、姉妹・友好都市からの招へいによりその都市を訪問し、現地において交流を行う団体で、訪問の目的が姉妹・友好都市との友好親善に寄与すると市長が認めた団体が行う事業についてはこの取扱いは適用しません。
  • 同一事業への助成の回数は、原則として通算3回までとします。詳しくは担当課へお問い合わせください。
  • 国、県または公的団体等から助成がある場合は、事業費から当該助成金を除外した経費を対象として算定します。

申請書等様式

(注)手続き等については、国際交流課にお問合せください。

申請書

添付書類

 

平成29年度の国際交流活動助成対象事業の紹介

平成29年度に助成を行った事業をご紹介いたします。

オーストラリア小学生等との交流事業

助成団体

鴨池校区あいご会連絡協議会

助成金額

500,000円

事業内容

鴨池小学校の姉妹校であるオーストラリア・クイーンズランド州アルバニーヒルズ小学校の児童らの昨年の来鹿を受け、鴨池小学校からホームステイ生を送り、両校児童等の交流を通じて相互の理解及び友好を深めるもの。

伊敷台国際交流事業

助成団体

伊敷台国際交流実行委員会

助成金額

500,000円

事業内容

次世代を担う子供達がこれからますます拡大する国際交流の時代に活躍できるように、本市に在住する外国人と交流の機会を設ける。また、招聘する外国人にも日本の文化を堪能してもらう。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務局市長室国際交流課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1131

ファクス:099-224-8900

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?