緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 文化・スポーツ > 観光 > 観光事業 > 鹿児島市ふるさと大使 > 過去の鹿児島市ふるさと大使

更新日:2022年9月1日

ここから本文です。

過去の鹿児島市ふるさと大使

 

稲盛和夫さん(平成23年7月7日委嘱)

平成29年7月、任期満了によりご退任されました。

令和4年8月24日にご逝去されました。

稲盛和夫さんの写真

【プロフィール】

1932年、鹿児島市に生まれる。1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。

1959年4月、知人より出資を得て、資本金300万円で京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立し、社長、会長を経て、1997年から名誉会長を務める。また1984年、電気通信事業の自由化に即応し、第二電電企画株式会社を設立し会長に就任。2000年10月、DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、名誉会長に就任。2001年6月より最高顧問となる。

2010年2月より、日本航空(JAL)会長に就任し、経営難に陥った日本航空を3年足らずで再生させる。2013年4月より名誉会長、2015年4月名誉顧問となる。

一方、1984年には私財を投じ、稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。他にもボランティアで、全97塾(海外41塾)、12,000人余の若い経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に心血を注ぐ(2017年11月末現在)。

また、1997年には臨済宗妙心寺派円福寺にて在家得度(出家をせずに仏門に入ること、通常の生活を営みながら仏弟子として修行を行うこと)を受けた。

鹿児島市民栄誉賞(2015年11月16日)

稲盛和夫さんの公式ホームページ(外部サイトへリンク)

 

西郷輝彦さん(平成23年11月4日委嘱)

令和4年2月20日にご逝去されました。

西郷輝彦さんの写真

【プロフィール】

1964(昭和39)年2月、クラウンレコードの新人専属歌手第1号としてシングルレコード「君だけを」でデビュー。同年日本レコード大賞新人賞受賞。翌年以降も「星娘」、「星のフラメンコ」などをたて続けにヒットさせ、橋幸夫、舟木一夫とともに“歌謡界の御三家”の一角をなした。1973(昭和48)年10月に放映を開始した関西テレビ系ドラマ「どでらい男(やつ)」(花登筺原作・脚本)で主演。高視聴率を記録し、俳優・役者としての活動へ大きくシフト。1975(昭和50)年11月からは、TBS系ドラマ「江戸を斬る」で主演。時代劇俳優としての足場も築いた。1987(昭和62)年のNHK大河ドラマ「独眼竜正宗」では、主役である正宗(渡辺謙)の側近・片倉小十郎役を熱演する一方、「暖簾」(1979年)、「孤愁の岸」(1985年)、「屋根の上のヴァイオリン弾き」(1986年)、「年上の女」(2004年)など数多くの舞台に出演している。

近年も舞台「初蕾」(2010年)、「六月喜劇特別講演」(2010年)、「最後の忠臣蔵」(2010年)、「華々しき一族」(2010年)、「天璋院篤姫」(2011年))、「女たちの忠臣蔵」(2012年)、「明日の幸福」(2012年)に出演、また2013年2月には芸能生活50周年記念のシングルCD「燃えろ夜明けまで」を発表するなど、精力的な活動を続けており、デビュー以来、発表楽曲数は350曲以上、ドラマ出演は100シリーズ以上・延べ250作、映画出演30作に及んでいる。

西郷輝彦さんのTwitter(外部サイトへリンク)

かごしま市民のひろば(2020年7月号)掲載メッセージ(PDF:2,183KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光交流局観光交流部観光プロモーション課 推進係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1344

ファクス:099-216-1320

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?