• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 市有地売却・未利用地情報 > 買戻特約の期間満了による抹消登記

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

買戻特約の期間満了による抹消登記

鹿児島市が売却した土地(現在は民地)に、本市が買戻特約を設定しており、特約期間が満了している土地につきましては、抹消登記をすることができます。買戻特約登記抹消願と必要書類を準備の上、本館3階の管財課財産マネジメント推進係まで申請してください。

なお、東谷山(桜川第二地区)など谷山都市整備課が設定した買戻特約については、谷山都市整備課管理清算係(住所:谷山中央五丁目26番7号、電話:099-803-9662)へ申請してください。

買戻特約登記抹消願

買戻特約登記抹消願(ワード:29KB)

買戻特約登記抹消願(PDF:126KB)

必要書類

  • 土地登記簿謄本(発行日から3ヶ月以内のもの。コピーでも可。)
  • 位置図(住宅地図)
  • 登録免許税1筆につき1,000円

(注)申請を司法書士に委任する場合

  • 委任状
  • 申請者の印鑑証明書

印鑑証明書については、原本とコピーをお持ちいただければ、確認の上、原本還付を行います。

原本還付の際は、コピーの末尾に「原本の写しに相違ありません。」と記載し、申請人の署名捺印をお願いします。

参照民法(抜粋)

(買戻しの期間)

第580条買戻しの期間は、十年を超えることができない。特約でこれより長い期間を定めたときは、その期間は十年とする。

2買戻しについて期間を定めたときは、その後にこれを伸長することができない。

3買戻しについて期間を定めなかったときは、五年以内に買戻しをしなければならない。

(例)

昭和40年12月1日買戻特約が設定してあり、民法第580条第3項に定める買戻しについて期間を定めなかった場合、買戻期間は、昭和40年12月1日(初日不算入)から5年間(昭和45年12月1日まで)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局財政部管財課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1158

ファクス:099-216-1162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?