緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

鹿児島市水道局 > 困った時に > 水道管の凍結防止について

更新日:2022年3月28日

ここから本文です。

水道管の凍結防止について

凍結

気温が氷点下になると、水道管内に滞留している水が凍って水が出なくなったり、破裂したりする場合があります。
次のような場所の水道管には注意してください。

  • 外でむき出しになっている
  • 北向きの日陰にある
  • 風あたりが強い場所

凍結を防ぐには

露出部分の水道管に専用の保温材を巻くと効果があります。なければ布や毛布でも構いませんが、布自体が水に濡れると布ごと凍結するので、必ずビニール類を巻くなどして防水を行ってください。
(※取付け方は、下の写真を参考にしてください。)

凍結したら

凍結で水が出ないときは、自然に溶けるまで待っていただくか、凍った所にタオルなどを巻き付けてぬるま湯をゆっくりとかけてください。

この場合は、熱湯をかけると水道管が破裂するおそれがありますので、必ずぬるま湯をかけてください。

万一、水道管が破裂したら

水道管が破裂した場合は、メーターボックス内の止水栓を閉め、給水装置等の修繕に対応する水道局指定工事事業者に修繕を依頼してください。

修繕依頼の注意点

  • 依頼されるときは、漏水の状況を十分に説明してください。
  • なるべく複数の指定工事事業者から見積りを取り、事前に修繕の方法や概算金額の説明を十分に受けてください。
  • 修繕内容によっては、対応できない工事事業者もございますので、依頼時に修繕対応が可能であるか確認してください。
  • 工事事業者側のその時点の業務体制等により、受けられない場合がございますので、確認してください。
  • 夜間、休日等の対応時間は、依頼時に確認してください。

作業前

写真むき出しの水道管

むき出しの水道管を凍結から守るには、布・毛布を使う方法と、市販されている保温材を使う方法の2つがあります。
ご自身で取付ける際は、下の写真を参考にしてみてください。

布・毛布を使った凍結防止例

写真むき出しの水道管

写真凍結防止例水道管に布を巻く

写真凍結防止例布を針金などで巻く

凍結防止4

保温材を使った凍結防止例

凍結3

お問い合わせ

水道局総務部給排水設備課

〒890-8585 鹿児島市鴨池新町1-10

電話番号:099-213-8522

ファクス:099-259-1627

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?