ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

当館について

鹿児島の歴史と文化の中心地として

鹿児島市立美術館の外観鹿児島市立美術館は、薩摩藩主島津氏の居城であった鶴丸城二の丸跡にあります。城山の山麓に位置するこの地は、歴史的に、政治、文化の中心地として発展してきたところです。市立美術館は、昭和29年に歴史資料館としての性格を合わせ持つ美術館として開館、県内唯一の公立美術館として独自のコレクションをすすめ、展示その他の美術館事業を通して地域の芸術文化の振興に寄与してきました。しかし、多様化する美術活動と市民の要望に対応するため、旧美術館を解体、新しく美術館を建設し、昭和60年10月29日に開館しました。新美術館は、地元関係作家を中心とし、あわせて19世紀末葉以降の西洋美術の作品を主として収集、保存、展示する美術館としての運営をめざしています。

鹿児島市立美術館の基本方針

基本方針のイラスト
  • 地元作家を中心とし、あわせて19世紀末葉以降の内外の作家の作品を主として収集・保存・展示する美術館とします。
  • 専門家はもちろん、広く市民と手を結んだ開かれた美術館とし、美術情報センターおよび美術活動の場としての機能を充実します。
  • だれでも気軽に訪れることのできる心のやすらぎの場とします。
  • 風土性豊かなたたずまいのうちに未来を志向する美術文化の一拠点とします。

美術品購入に係る寄付金のご案内

鹿児島市立美術館の歩み

昭和29年9月

旧美術館開館

昭和32年6月

岩崎与八郎氏の寄付により旧美術館別館完成

昭和57年9月

新美術館建設設計委託(佐藤武夫設計事務所・川元建築設計事務所共同設計団)

昭和57年12月

旧美術館解体撤去

昭和60年3月

新美術館建設工事竣工

昭和60年10月

美術館新装開館

昭和61年11月

昭和61年度第27回建築業協会賞に入選

平成8年4月

開館時間を延長

平成9年4月

ギャラリートーク開始

平成16年1月

開館日の変更(1月2日から)

平成21年4月

鹿児島市美術品等取得基金条例施行

平成25年8月

入館者500万人を達成(新装開館以後)

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2015年8月4日

  • 当館のご案内

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会