ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 年間スケジュール

年間スケジュール

3

春の所蔵品展 特集:肖像画でたどる郷土の洋画

2018年3月20日(火曜日)から5月20日(日曜日)

松方正義肖像(小)

石橋和訓《松方正義肖像》

松方コレクションの生みの親・松方幸次郎が描かせた両親の肖像や、黒田清輝が描いた養父母の肖像などを特集展示します。

   

ホキ美術館名品展~心ゆさぶる写実絵画~

2018年3月30日(金曜日)から5月6日(日曜日)

生島浩「5:55」(小)

生島浩《5:55》

日本初の写実絵画専門館、ホキ美術館のコレクションから、26作家による作品62点をご紹介します。

4

初代館長 谷口午二

2018年4月1日(日曜日)から5月13日(日曜日)

午二像

和田英作《谷口午二像》

当館の休館時代に名物館長として親しまれた谷口午二(たにぐちごじ)。没後30年を記念して、画家、随筆家、収集家の三つの側面から、その業績を検証します。

5

初夏の所蔵品展 特集:平成29年度新収蔵品

2019年5月22日(火曜日)から7月8日(日曜日)

藤島武二「婦人像」(小)

藤島武二《婦人像》

平成29年度に新たに収蔵した、藤島武二、和田英作、東郷青児の作品を特集展示します。

 

祈りの美 生誕150年・新納忠之介~鹿児島の仏画とともに

2018年5月29日(火曜日)から7月16日(月曜日・祝日)

新納「大黒天」

新納忠之介《大黒天》

神仏像の修復に生涯をかけた新納忠之介の彫刻のほか、鹿児島の仏画を紹介します。祈りがもたらす美の造形をお楽しみください。

6

7

夏の所蔵品展 特集:郷土作家によるグラフィックデザイン

此美人(小)

橋口五葉《此美人》

2018年10月11日(火曜日)から9月24日(月曜日・振休)

ミュシャ展~運命の女たち~

2018年7月20日(金曜日)から9月2日(日曜日)

 ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)

ポスター「《スラヴ叙事詩》展」(部分)チマル・コレクション

19世紀末ヨーロッパの芸術運動アール・ヌーヴォーを代表する画家ミュシャ。故郷チェコの個人コレクションより、選りすぐりの約150点を鹿児島で初公開。ミュシャの人生をたどりながら、ミューズとなった様々な女性たちに光を当て、新たな魅力に迫ります。

 

8

9

 

 

 

 

10

秋の所蔵品展 特集:明治維新150周年 世を動かした薩摩 

2018年9月26日(水曜日)から11月25日(日曜日)

明治維新150周年 日本洋画の夜明け―山岡コレクションを中心に

2018年9月28日(金曜日)から11月4日(日曜日)

 高橋由一「鮭図」

高橋由一《鮭図》山岡コレクション

幕末から維新そして明治へと、時代に翻弄されながらも逞しく生き抜いた画家たち。高橋由一や床次正精ら草創期の洋画から、欧州で学んだ黒田清輝らの作品までを紹介し、近代化への道を歩む当時の日本の姿を紹介します。

 

11

彫刻家の版画―ムーア、マリーニ、ジャコメッティ

2018年11月9日(金曜日)から12月24日(月曜日・振休)

 

普段は立体作品を制作する彫刻家が平面と対峙するとき、そこにはどのような発見や課題があるのでしょうか。巨匠たちの試みを、版画作品から考察します。

冬の所蔵品展

2018年11月27日(火曜日)から2018年1月20日(日曜日)


 

 

 

 

 

《蔵出し美術館》西南戦争錦絵に描かれた西郷隆盛

2018年12月7日(金曜日)から12月17日(月曜日)
場所:谷山サザンホール展示室

(入場無料・水曜日休館)

 

 

《蔵出し美術館》は、当館所蔵品を館外施設でご鑑賞いただく展覧会です。

 

 

明治10年に九州を戦場として起こった西南戦争。薩軍の将であった西郷隆盛に注目し、当時の浮世絵師たちによって西南戦争錦絵に描き出されたその姿をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

12

 

生誕120年 宮之原 謙―清新なる陶芸

2018年12月26日(水曜日)から2019年2月11日(月曜日・祝日)

 

 

鹿児島で生まれ幼少期を過ごした宮之原謙は、現代的な感覚を反映させた清新な作風で日本の陶芸界に足跡を残しました。生誕120年の節目に、その作品の魅力を見つめます。

 

1

早春の所蔵品展 

2019年1月22日(火曜日)から3月17日(日曜日)

2

旅の記憶―日本の旅、世界の旅

2019年2月13日(水曜日)から3月28日(木曜日)

 

 

画家たちが旅先の記憶をとどめたあの地、この地。描かれた風景は、画家たちの研ぎ澄まされた感性によって、その場所の光や音、匂いや空気感までも私たちの五感に訴えてきます。

 

3

春の所蔵品展

2019年3月19日(火曜日)から

 

過去の展覧会

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2018年7月10日

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会