ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 小企画展「比べてみれば 気づきを言葉にしてみよう」

小企画展「比べてみれば 気づきを言葉にしてみよう」

鹿児島県の「まん延防止等重点措置」の実施を受け、開催日を9月10日(金曜日)から10月1日(金曜日)へ延期しました。今後も、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、会期等が変更になることがあります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

会期:令和3年10月1日(金曜日)~12月5日(日曜日)

展覧会概要

 美術作品の鑑賞って、難しそうだと感じたことや、鑑賞してみたいけれど、どのようにすればよいか分からないというようなことはありませんか。比べてみれば
 鹿児島市立美術館では、そのようなみなさんの声を受けて、自分なりの作品の見方、感じ方を楽しむ鑑賞体験、所蔵作品による小企画展「比べてみれば 気づきを言葉にしてみよう」を開催します。
 この展覧会では、当館所蔵の作品の中から、主題や表現方法などよく似たものや、まったく違った作品を選りすぐり、比べてみる10組の鑑賞体験の機会を設定しました。普段の展覧会では、1点ずつ作品と向き合い鑑賞することが一般的ですが、今回は、2点以上の複数の作品を1組として並べて展示しました。比べて作品とかかわる鑑賞体験を通して、造形的なよさや美しさを感じ取ったり、作者の心情や表現の意図と工夫などについて考えたり、これまでにない気づきを体感する機会となることでしょう。そして、その気づきを言葉にすることによって、自分自身や周りの人との対話を広げ、みなさんの作品の見方、感じ方をさらに深めてみませんか。10組の作品と向き合い、気づきを言葉にする鑑賞体験をお楽しみください。

(1)床次正精《富士》  (2)東郷青児《彼女のすべて》 

(3)堀之内一誠《卓上のヴァイオリン》    (4) 大嵩禮三《桜島》

 

(1)床次正精《富士》油彩・キャンバス、制作年不詳

(2)東郷青児《彼女のすべて》油彩・キャンバス、1917年 ©Sompo Museum of Art,210107

(3)堀之内一誠《卓上のヴァイオリン》油彩・キャンバス、1960年

(4)大嵩禮三《桜島》油彩・キャンバス、1960年

 

出品リスト(PDF:1,177KB)

 

 

ギャラリートーク(担当学芸員一緒に、参加者同士の気づきを共有する鑑賞会です。)

  • 10月9日(土曜日)、10月23日(土曜日)、11月6日(土曜日)、11月20日(土曜日)各回14時から30分程度
  • 場所:展覧会場

申し込み不要ですが、先着10名様までとさせていただきます。
ご参加には観覧料が必要です。
マスクの着用など、感染症対策にご協力ください。

 

同時開催(観覧料共通)

夏の所蔵品展 特集:没後100年 橋口五葉②―装飾への関心―デザインの仕事

  • 会期:令和3年8月11日(火曜日)~10月10日(日曜日)
  • 場所:2階(常設展示室)

秋の所蔵品展 特集:没後100年 橋口五葉③

  • 会期:令和3年10月11日(火曜日)~12月19日(日曜日)
  • 場所:2階(常設展示室)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市立美術館

〒892-0853 鹿児島市城山町4-36

電話番号:099-224-3400

ファクス:099-224-3409


最終更新日:2021年10月11日

  • 休館日カレンダー

  • 常設展観覧料など

    • 開館時間
      • 9:30~18:00
        (入館は17:30まで)
      休館日
      • 月曜日
        (祝日の場合はその翌平日)
      • 12月29日~1月1日
      常設展観覧料
      • 一般 300円
        (年間パスポート600円)
      • 高大生 200円
        (年間パスポート400円)
      • 小中生 150円
        (年間パスポート300円)
      • 観覧料の詳細はこちらから

      ※特別企画展はその都度定める料金
      ※2F展示ギャラリー・アートライブラリーのご利用は無料
      ※毎月第3日曜日は小・中学生常設展示観覧料無料

  • 年間パスポート
  • 図録一覧・販売
  • 貸館のご案内
  • cafe
  • コレクション
  • 美術館友の会