ページの先頭です

このページの本文へ移動します

鹿児島市立美術館のロゴタイプ

鹿児島市立美術館 > 展覧会 > 特別企画展「シダネルとマルタン展ーフランス近代絵画 光と色彩の詩情」

特別企画展「シダネルとマルタンーフランス近代絵画 光と色彩の詩情」

シダネルとマルタン展バナー

 

  アンリ・ル・シダネル(1862-1939)とアンリ・マルタン(1860-1943)は、19世紀末から20世紀前半にかけてフランスを中心に活躍し、人気を博した画家たちです。
 2人は同時代の新しい芸術運動であった豊かな色彩や点描といった印象主義や新印象主義の表現技法、人間の内面に焦点を当てた象徴主義的な主題による表現を吸収し、お互いに独自の画風を築きました。
 淡い光のフランス北部を制作の拠点としたシダネルは、黄昏時や月夜の仄かな光がゆらめく風景、だれもいない食卓など、余情に満ちた光景を抑制された色調で神秘的に表現しました。日差しの強いフランス南部を制作の拠点としたマルタンは、明るい光に照らされた風景や人物を暗示的な表現で色鮮やかに描き、フランス国内の公共建築の壁画も数多く手がけました。
 本展は、当時フランス美術界の中核を担いながらも、これまで紹介される機会が少なかった2人の画家による国内初の展覧会です。同じ芸術観のもと、生涯にわたり親交を結んだ画家たちの、光と色彩が織りなす詩情豊かな作品世界をお楽しみください。

 

 ★展覧会チラシ両面(PDF:1,635KB)

 ★出品作品リスト(PDF:)準備中

9つの章で辿る2人の創作の軌跡

 第1章 エタプルのアンリ・ル・シダネル
 第2章 象徴主義
 第3章 習作の旅
 第4章 アンリ・マルタンの大装飾画のための習作
 第5章 ジェルブロワのアンリ・ル・シダネル
 第6章 ラバスティド・デュ・ヴェールのアンリ・マルタン
 第7章 ヴェルサイユのアンリ・ル・シダネル
 第8章 コリウールとサン・シル・ラポピーのアンリ・マルタン
 第9章 家族と友人の肖像

 出品作品

 

 

1. エタプル砂地の上 2. 祈り 3. ビュイクール 4. 舗装工

 

5. テラスの食卓 6. 池 7. 月夜 8. コリウール 9. カミーユ・ル・シダネルの肖像

 1 アンリ・ル・シダネル《エタプル、砂地の上》1888年、フランス、個人蔵 ©Bonhams
 2 アンリ・マルタン《祈り》1890年頃、フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
 3 アンリ・ル・シダネル《ビュイクール、月明かりのなかの教会》1904年、フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
 4 アンリ・マルタン《舗装工〔フランス国務院(パリ)の装飾画《コンコルド広場での仕事》のための習作〕》1925年頃、フランス、個人蔵 ©Archives photographiques  
   Maket Expert
 5 アンリ・ル・シダネル《ジェルブロワ、テラスの食卓》1930年、フランス、個人蔵 ©Luc Paris
 6 アンリ・マルタン《池》1910年以前、フランス、ピエール・バスティドウ・コレクション ©Galerie Alexis Pentcheff
 7 アンリ・ル・シダネル《ヴェルサイユ、月夜》1929年、フランス、個人蔵 ©Yves Le Sidaner
 8 アンリ・マルタン《コリウール》1923年、フランス、個人蔵 ©Archives photographiques Maket Expert
 9 アンリ・ル・シダネル《カミーユ・ル・シダネルの肖像》1904年、フランス、個人蔵  ©Yves Le Sidaner
      

会 期

 令和4年7月15日(金曜日)~8月31日(水曜日)

 ※休館日:7月19日(火曜日)、7月25日(月曜日)、8月1日(月曜日)、8月8日(月曜日)、8月15日(月曜日)、8月22日(月曜日)

会 場

 鹿児島市立美術館 一般展示室(1・2)1F、企画展示室 2F

観覧料

 一般:1,000円(前売り700円)

 高大学生:800円(前売り500円)

 小中生:600円(前売り300円)

 ※( )内は前売料金及び20人以上の団体料金、年間パスポートまたは障害者手帳提示者は同料金で観覧できます。

 ※会期中は、本展チケットで所蔵品展も観覧できます。

チケット販売所

 チケット販売は6月15日(水曜日)からです。

 ファミリーマート(e+〈イープラス〉http://eplus.jp (外部サイトへのリンク))

 ローソン(ローソンチケット:Lコード81852)

 セブンイレブン(チケットぴあ:Pコード686-123)

 南日本新聞販売所

 鹿児島市内プレイガイド(山形屋・生協コープかごしま各店舗・川商ホール(鹿児島市民文化ホール)・各画材店)

主催

 鹿児島市立美術館、南日本新聞社、KTS鹿児島テレビ

後援

 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

協力

 日本航空

企画協力

 株式会社ブレーントラスト

お問い合わせ

鹿児島市立美術館
電話:099-224-3400

お知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください

詳細ページへのリンク

その他

  • 会場内の温湿度と明るさは、作品所蔵者の意向により作品の保存に適した値まで下げています。ご理解のうえ体温調節ができる服装でのご来館をお勧めいたします。
  • 新型コロナウイルス感染症予防対策として、ギャラリートークは中止し、その他のイベントは定員を制限して実施いたします。
  • 新型コロナウイルスの感染症の状況により、展覧会の会期などが変更になる可能性がございます。  

関連イベント

各講座の募集状況や応募方法の詳細は、「イベント講座」のページをご覧ください。

記念ワークショップ「点描表現でシダネルとマルタンの作品を描いてみよう!」

シダネルとマルタンの作品を、綿棒を使って点描表現で模写します。

※事前申込制 ※ お申込みフォーム(外部サイトへリンク)
  • 日時:7月30日(土曜日)13時から16時
  • 講師:展覧会担当学芸員
  • 場所:地下、アトリエ(1)
  • 準備:色鉛筆(お持ちの場合)
  • 対象:小学3年生以上(保護者1人付き添い可)
  • 定員:16人(定員を超えた際は抽選を行います) 
  • 参加費:無料
  • その他:マスクの持参と検温にご協力頂きますようお願いいたします。
  • 申込締切:7月19日(火曜日)必着
  • チラシ:(PDF:1,475KB)

点描表現で描いてみよう

記念ワークショップ「水彩で情感を込めて身近なものを描こう!」

静物をモチーフに、思いを重ねて情感豊かに静物画の制作を行います。

※事前申込制 ※ お申込みフォーム(外部サイトへリンク)
  • 日時:8月21日(日曜日)13時から16時30分
  • 講師:桶田洋明 氏(鹿児島大学教育学部教授)
  • 場所:地下、アトリエ(1)
  • 対象:高校生以上
  • 定員:16人(定員を超えた際は抽選を行います) 
  • 参加費:無料
  • その他:マスクの持参と検温にご協力頂きますようお願いいたします。
  • 申込締切:8月10日(水曜日)必着
  • チラシ:(PDF:449KB)

水彩で情感を込めて身近なものを描こう

「シダネルとマルタン展」記念講演会  ※ お申込みフォーム(外部サイトへリンク)

「最後の印象派二人 ― たそがれ時を描いたシダネル、白昼夢を描いたマルタン」

  • 講師:古谷可由 氏(ひろしま美術館学芸部長)
  • 日時:7月24日(日曜日)14時から15時30分
  • 場所:地下、講堂
  • 対象:どなたでも
  • 定員:60人(定員を超えた際は抽選を行います) 
  • 参加費:無料
  • その他:マスクの持参と検温にご協力頂きますようお願いいたします。
  • 申込締切:7月13日(水曜日)必着
  • 講演会チラシ:チラシ(PDF:1,973KB)

記念講演会

作品解説会(当館学芸員によるスライドトーク)

※応募不要・先着順・無料 13:00より整理券を配布、定員になり次第配布終了

  • 開催日:7月17日(日曜日)、7月31日(日曜日)、8月14日(日曜日)
  • 時間:14時~15時
  • 講師:前野耕一(担当学芸員)
  • 場所:地下アトリエ(1)

学校のための特別割引制度  7月13日(水)申込締切

学校のための特別割引制度のご案内・回答書

★制度のご案内へのリンク:PDF(510KB)

★回答書へのリンク:PDF(447KB)ワード(28KB) 

鑑賞の事前指導等にご活用ください

★事前指導のための資料(鑑賞のマナー、新型コロナウイルス感染症対策):PDF(586KB)

制度の活用事例

「学校のための特別展割引制度の活用事例」のページへのリンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

上へ