• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年8月31日

AED(自動体外式除細動器)

AEDとは

AED(Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)とは、突然心停止状態に陥ったとき、心臓に電気ショックを与えて、正常な状態に戻す医療機器です。

平成16年7月の厚生労働省通知により、AEDはだれでも使うことができるようになりました。

突然の心停止

突然の心停止の多くは、心室細動と呼ばれるものが原因です。心室細動になると心臓が不規則にけいれんするような状態となり、血液を全身に送り出す心臓本来のポンプ機能を果たせなくなります。

救命の連鎖

突然の心停止を起こした方の命を救うためには、救命の連鎖と呼ばれる4つの行動が重要です。それは、早期の119番通報、早期の心肺蘇生、早期の除細動、早期の病院搬送です。

除細動

除細動とは、主に心室細動を起こした心臓に電気ショックを与えることです。電気ショックにより心臓のけいれんが止まり、その後、規則的な収縮が再開してポンプ機能を取り戻すことができます。

早期除細動の重要性

突然の心停止を起こした方の救命率は、除細動が1分遅れるごとに7~10%減少するといわれています。

救命のためには、119番通報から救急隊員の現場到着までの間に、その場に居合わせた一般市民が、心肺蘇生やAEDによる除細動を行うことが重要です。

AEDの使用方法

AEDの使用方法は、以下のとおりです。

  1. AEDの電源を入れる。
  2. 電極パッドを胸に貼り付ける。
  3. 心電図を解析する。(電極パッドを貼ると自動的に解析が始まります。)
  4. ショックボタンを押す。

(注)電源を入れると、音声メッセージが流れますので、その指示に従ってください。

講習案内

AEDは、救命の現場に居合わせた人が誰でも使用することができますが、心停止者と使う人の安全を確保した上で、積極的に救命に取り組めるように、「普通救命講習」の受講が推奨されています。受講に関しては、消防局ホームページ(内部サイトへリンク)をご覧の上、消防局警防課(電話:099-222-0960)にご相談ください。

設置場所

本市所管施設には、平成29年8月1日までに350台のAEDが設置されています。

県や国とその関係機関(特殊法人も含む)、民間の施設も含めた鹿児島市内のAED設置施設については、鹿児島市地図情報システム「かごしまiマップ」(外部サイトへリンク)でご覧になれます。かごしまiマップには、スマートフォン版と携帯電話版もあります。URL等は次のとおりです。

スマートフォン版サイト

http://wagmap.jp/kagoshima/sp/(外部サイトへリンク)

携帯電話版サイト

http://wagmap.jp/kagoshima/(外部サイトへリンク)

二次元コードへのリンク(ページ下部にあります。)

AEDの貸出しのご案内

本市では、イベントを開催する団体等を対象に、AEDの貸出しを行っています。AED貸出しのご案内ページへのリンク

AEDの設置情報の募集

本市では、市内に設置した広く一般の人が使うことの出来るAEDに関する情報を募集しています。AEDの設置情報の募集ページへのリンク

AEDの適切な管理をお願いします

AEDは、適切な管理を行わなければ、人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある医療機器です。

AED設置者は、下記の厚生労働省ホームページを参照し、適切な管理の徹底をお願いします。

「AEDを点検しましょう!」(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所生活衛生課 医務薬務係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6881

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?