• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 予算・決算・財政 > 財政状況 > 平成21年度 > 鹿児島市平成21年度当初予算

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

鹿児島市平成21年度当初予算

平成21年度当初予算のポイント

人とみどりが輝くまち・かごしま

平成21年度一般会計予算の特色

経済・雇用対策に配慮し、過去最高額を確保

  • 一般会計当初予算額2,045億600万円(対前年度比+25.12億円、+1.2%)
  • 国の財政運営の指針である地方財政計画の伸び率△1.0%を上回る積極予算。
  • 経済・雇用対策関連294億円
    • 普通建設事業費の増(対前年度比+16.2億円、+4.4%)
    • 中小企業資金融資対策の強化(融資枠138億円→234億円)
      (対前年度比事業費+2.2億円、+83.8%、融資枠+96億円、+70.0%)

「環境リーディングシティ鹿児島の実現」と、九州新幹線全線開業を見据えた「魅力と活力あふれる都市の創造」を施策の中心に、人とみどりが輝くまちづくりを推進

平成21年度当初予算

平成21年度当初予算案

一般会計当初予算規模の推移

一般会計当初予算規模の推移

平成21年度一般会計当初予算歳入分類

歳入分類

歳入分類

歳入前年度比較表

平成21年度一般会計当初予算歳出(目的別)分類

歳出(目的別)

歳出(目的別)分類

歳出(目的別)前年度比較表

一般会計当初予算歳出(性質別)分類

歳出(性質別)

歳出(性質別)分類

歳出(性質別)前年度比較表

市債残高の推移

臨時財政対策債の大幅な増加などにより4年ぶりに増加

実質的な地方交付税である臨時財政対策債を除くと着実に減少

市債残高の推移

市債残高の推移説明

プライマリーバランスの推移(基礎的財政収支)

実質的な地方交付税である臨時財政対策債を除くと黒字を確保

プライマリーバランス推移

プライマリーバランス推移説明

基金残高の推移

景気後退等に伴う市税の減などにより大幅に減少

基金残高推移

基金残高推移説明

平成21年度当初予算の重点的取組

みどりあふれる地球にやさしい環境リーディングシティ鹿児島の実現

  • 環境負荷の少ない持続可能な社会の構築
  • 緑豊かで快適な環境づくり

九州新幹線の全線開業を見据えた魅力と活力あふれる都市の創造

  • 自然と歴史を生かした観光振興
  • 地域産業の振興と雇用の改善
  • 農業の振興

安心して快適に暮らせる住みやすいまちの形成

  • 安心・安全社会の構築
  • 人にやさしいまちづくり
  • 少子化対策・子育て支援
  • 質の高い都市環境の形成

子どもから大人までいきいきと学べる地域社会の創出

  • 子どもたちが健やかに成長する環境づくり
  • 生涯学習の推進
  • 文化芸術の振興

市政の推進にあたって

  • 健全財政の維持と行政サービスの向上
  • 協働のまちづくりの推進

 

平成21年度当初予算のポイント

平成21年度当初予算の概要

主要事業の概要

(「主な事業」中の主要事業について、「第四次鹿児島市総合計画」大綱に沿ってご紹介します。)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局財政部財政課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1155

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?