• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 人権啓発 > 性の多様性に関すること > 鹿児島市パートナーシップ宣誓制度

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

鹿児島市パートナーシップ宣誓制度

鹿児島市では、一人ひとりの人権や多様性が尊重され、誰もが安心して暮らしていける社会の実現を目指しています。この取り組みの一環として令和4年1月から「鹿児島市パートナーシップ宣誓制度」を導入します。

制度の概要

一方または双方が性的少数者であるお二人が、お互いを人生のパートナーとして、相互に責任をもって日常生活において協力し合うことを約束した関係であることを宣誓することにより、市が宣誓の事実を認めるとともに、宣誓書受領証等を交付する制度です。法的効力はありませんが、宣誓することにより一部の行政サービスや民間サービスが利用可能となります。

制度の開始時期

  • 予約開始日(令和3年12月24日(金曜日))
  • 制度施行日(令和4年1月1日(土曜日))
  • 受付開始日(令和4年1月4日(火曜日))

交付件数

令和4年3月31日時点

10組

宣誓を行うことができる者

パートナーシップ宣誓を行うお二人が、次の全ての要件を満たしていることが必要です。

  • 民法に規定する成年に達していること
  • 鹿児島市に住所を有していること、または転入予定であること
  • 配偶者(事実上の婚姻関係にあるものを含む。)がいないこと
  • 宣誓する相手以外の者とパートナーシップの関係にないこと
  • 双方が近親者でないこと

宣誓手続きの流れ

1.宣誓する日の予約(電話、FAX、メールで宣誓希望日の原則7日前までに市民局人権政策部人権推進課に連絡し、宣誓日時の予約)

2.パートナーシップ宣誓(予約をした日時に、必要書類を揃えお二人で来所。職員立会いのもと、宣誓書に署名)

3.パートナーシップ宣誓受領証等の交付

必要書類

1.鹿児島市内に住所があるまたは転入を予定していることを確認できる書類(住民票の写しまたは転出証明書)

2.配偶者がいないことを確認できる書類(戸籍抄本等)

3.本人確認書類(運転免許証、個人番号カード、パスポート等)

鹿児島市パートナーシップ宣誓制度ガイドブック

鹿児島市パートナーシップ宣誓の取扱いに関する要綱

利用できるサービス

都市間相互利用

パートナーシップ宣誓制度の利用者が、転入・転出した後も安心して生活できるよう支援するため、制度を導入している4都市と、都市間相互利用に関する協定を締結しました。

協定締結都市

本市と交流連携都市である福岡市、北九州市、熊本市は4市間で相互に協定を締結しています。

本市と指宿市は独自に協定を締結しています。

協定の名称

パートナーシップ宣誓制度の都市間相互利用に関する協定

協定締結日

令和4年2月1日(火曜日)

相互利用も同日に開始しました。

相互利用の概要

宣誓者が協定締結市間を異動する場合、転出時に宣誓した市に書類(継続使用申請書・返還届)を提出することにより、転出先でも、「パートナーシップ宣誓書受領証」の継続使用や、自治体が提供するサービスの利用が可能となります。

相互利用のイメージ

令和4年1月25日(火曜日)市長定例記者会見での報道提供資料(PDF:190KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民局人権政策部人権推進課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1232

ファクス:099-216-1207

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?