• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > はり・きゆう、人間・脳ドック補助事業

ここから本文です。

更新日:2016年9月13日

はり・きゆう、人間・脳ドック補助事業

保健事業

鹿児島市では、国保加入者の健康の保持増進のために、次のような事業を行っています。

はり・きゆう施設利用補助券の交付

市指定のはり・きゆう施術所を利用する場合に補助を行います。

対象者

本市の国保加入者で、前年度の国保税完納世帯の方

指定施術所

市内269か所(指定標示板が目印)

補助額

1回につき1,100円(年間60回まで)

交付月によって利用回数は異なります。

交付月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

交付枚数

60枚

55枚

50枚

45枚

40枚

35枚

30枚

25枚

20枚

15枚

10枚

5枚

申し込み

保険証を持って、本庁国民健康保険課または各支所の国保担当窓口へ(随時)

施設の地区別一覧(平成27年12月1日現在)は、次のリンクをご覧ください。

国民健康保険外来人間ドック利用補助

対象者

4月1日現在満35歳以上の本市国保加入者で、前年度の国保税完納世帯の方(前年度にこの外来人間ドックの補助を受けた方と、今年度に脳ドックの補助を申し込まれる方は除きます。)

現在74歳で6月30日までに75歳になる方は、長寿支援課または各支所福祉担当窓口での申し込みとなります。

補助額

検査費用の半額を補助(上限2万円、消費税は自己負担)

申し込み

保険証と印鑑を持参し、国民健康保険課または各支所国保担当窓口へ

募集定員・募集期間については、「市民のひろば(4月号)」でお知らせします。

国民健康保険脳ドック利用補助

対象者

4月1日現在満35歳以上の本市国保加入者で、前年度の国保税完納世帯の方(前年度にこの脳ドックの補助を受けた方と、今年度に外来人間ドックの補助を申し込みする方は除きます。)

現在74歳で6月30日までに75歳になる方は、長寿支援課または各支所福祉担当窓口での申し込みとなります。

補助額

検査費用の半額を補助(上限2万円、消費税は自己負担)

申し込み

保険証と印鑑を持参し、国民健康保険課または各支所国保担当窓口へ

募集定員・募集期間については、「市民のひろば(4月号)」でお知らせします。

お問い合わせ

市民局市民文化部国民健康保険課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1228

ファクス:099-216-1200

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?