• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > ネクスト"アジア・鹿児島"イノベーション戦略 > ネクスト"アジア・鹿児島"イノベーション戦略推進モデル創出支援事業補助金(令和元年度~)

ここから本文です。

更新日:2019年9月11日

ネクスト"アジア・鹿児島"イノベーション戦略推進モデル創出支援事業補助金(令和元年度~)

趣旨

鹿児島市では、アジアとの人・もの・情報の多面的な交流を成長エンジンとして、鹿児島の新たな活力を生み出すため、平成30年10月にネクスト"アジア・鹿児島"イノベーション戦略(以下「本戦略」という。)を策定しました。
この補助制度では、本戦略に掲げた3つの基本戦略を推進する上で、今後のモデルとなる先進的な民間主体の事業を補助します(最大6事業)。
優れた取組みとして選定された事業を実施する法人又は団体(以下「団体等」という。)には、事業経費の一部を最大2年間補助します。

(注)令和元年度のモデル事業の募集は終了しました。

概要等

補助対象事業

令和元年8月から令和2年3月までに実施し、次のいずれにも該当する事業です。

  1. 今後のモデルとなるような、先進的で横展開や取組みの裾野が広がることが期待できる民間主体の新たな事業又は新たな事業展開を行うもの
    (注)海外に渡航して実施する事業も含みます。
    (注)補助金の効果をより多くの団体等に波及させるため、営利目的の事業の場合は、複数の団体等により構成されたグループで実施する事業に限ります。なお、グループを構成する団体等には主たる事務所が市外の団体等を含んで差し支えありませんが、当該事業の運営推進機能を担う主たる団体等は、主たる事務所が市内にある団体等に限ります。
  2. 本戦略に掲げた3つの基本戦略の推進に資するものとして、次のいずれかの要素が含まれているもの
    (1)大学や専門学校などアジアからの留学生が在籍する学校等と連携した取組み
    (2)まちづくり、観光、商工業、教育など多分野にわたる情報発信等により、アジアにおける本市の認知度向上や鹿児島ブランドの強化につながる取組み
    (3)市民が鹿児島に居ながらにして、アジアの人々とふれあい、各国・地域の言葉や伝統文化、食などを体感できる機会の創出につながる取組み
    (4)鹿児島オリジナルの魅力を体験できる観光コンテンツの創出や、健康、医療、スポーツ、ブライダルなどテーマ性を持った多様なニューツーリズムの推進につながる取組み
    (5)鹿児島の事業者とアジアの人的ネットワークづくりや海外展開にチャレンジする事業者等の情報収集の支援、またはアジアにおける成功事例の情報提供や横展開の促進につながる取組み
  3. 補助の対象となる経費の総額が50万円以上であるもの
  4. 令和2年度も継続して実施するもの
  5. 補助期間(最大2年間)の終了後も継続した事業実施が見込まれるもの
  6. 国と鹿児島市以外の地方公共団体が実施する他の制度による補助や、鹿児島市が実施する他の制度による補助を受けていないもの

補助対象団体

新たな事業又は新たな事業展開を行う事業を実施する団体等で、次のいずれにも該当するものです。

  1. 主たる事務所が市内にあること
  2. 定款、規約等を有し、責任者が明確で、団体等として独立した経理を行っていること
  3. 新たな事業の実施及び実績報告まで責任を持って履行できること
  4. 政治団体又は宗教団体でないこと
  5. 市税が課税されている団体等にあっては、納期の到来している市税を完納していること

(注)暴力団又は暴力団員、もしくは暴力団に関与している団体等は応募できません。

補助対象経費

対象事業の実施に要する直接的経費とします。
ただし、以下の経費は除きます。
(1)パーティー等の食糧費
(2)団体等の運営経費
(3)財産形成につながる経費(テーブル、パンフレットスタンドなど)
(4)販売商品の費用(試飲・試食サンプル含む)及びその輸送に係る経費(関税等を含む)

また、経費として算入できる往復航空運賃は1人当たり20万円を限度とします。

(注)補助金の交付決定通知日より前に支払った経費は対象になりません。
(注)交付申請時に申請した補助対象経費の範囲内のみ対象です。あらかじめ補助対象経費として申請の無かった経費は対象になりません。

補助金の額

  • 補助期間:補助事業の決定後最大2年度
  • 補助額:補助対象となる経費の総額の2分の1

  • 年度当たり補助限度額:100万円

(参考)令和元年度の選定スケジュール

(注)令和元年度のモデル事業の募集は終了しました。

  • 平成31年4月23日(火曜日):募集開始
  • 令和元年5月14日(火曜日):募集に関する説明会(9団体参加)
  • 令和元年5月31日(金曜日):募集要項に基づく質問票の提出期限
  • 令和元年6月12日(水曜日):募集要項に基づく応募書類の提出期限(6団体から6事業の応募)
  • 令和元年7月3日(水曜日):一次審査(書類審査)
  • 令和元年7月19日(金曜日):二次審査(プレゼンテーション審査)
  • 令和元年7月22日(月曜日):補助対象事業の選定(6団体の事業いずれも補助対象事業に選定)
  • 令和元年7月31日(水曜日):補助金交付決定

令和元年度の補助対象事業の紹介

ミャンマーからの人材の活用を促進し企業の支援を図る事業

補助対象団体:一般社団法人九州ミャンマー友好協会鹿児島支部

該当する基本戦略:2「アジアの活力を鹿児島へ~アジアからの誘致促進」、3「鹿児島からアジアへ~地域産業の海外展開の促進」

該当する重点プロジェクト:3「“かごしま@アジアネットワーク”連携強化プロジェクト」

分野:人材活用

国・地域:ミャンマー

事業内容:現地の人材送り出し機関及び日本語学校と連携し、人材不足に悩む県内企業等のニーズに応じたミャンマー人材を育成する。

アジア・鹿児島Share the Taste プログラム

補助対象団体:株式会社南日本放送

該当する基本戦略:1「“アジアの日常化”の推進~国際化・アジアとの交流推進」

該当する重点プロジェクト:1「“かごしまでアジア”ふれあい体感プロジェクト」

分野:国際交流

国・地域:台湾・ベトナム

事業内容:市内青少年とアジアからの留学生による食文化を通じた相互交流を実施するとともに、その交流プロセスをテレビ番組などを通じて情報発信する。

Accessible Travel 事業

補助対象団体:鹿児島県旅行業協同組合

該当する基本戦略:2「アジアの活力を鹿児島へ~アジアからの誘致促進」

該当する重点プロジェクト:2「“アジアに響け!KAGOSHIMA STORY”魅力創出プロジェクト」

分野:観光誘客

国・地域:韓国・中国・香港・台湾

事業内容:アジア人向けのユニバーサルツーリズム(高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行)事業を展開する。

韓国伝統文化と鹿児島茶の出会い

補助対象団体:鹿児島韓国研究会

該当する基本戦略:1「“アジアの日常化”の推進~国際化・アジアとの交流推進」

該当する重点プロジェクト:1「“かごしまでアジア”ふれあい体感プロジェクト」

分野:国際交流

国・地域:韓国

事業内容:平成31年3月に交流協定を締結した泗川(サチョン)市の「茶香会」(韓国伝統文化と韓国茶道を研究する団体)との相互訪問により文化交流を行う。

鹿児島特産品アジア販路拡大推進事業

補助対象団体:鹿児島相互信用金庫

該当する基本戦略:2「アジアの活力を鹿児島へ~アジアからの誘致促進」、3「鹿児島からアジアへ~地域産業の海外展開の促進」

該当する重点プロジェクト:3「“かごしま@アジアネットワーク”連携強化プロジェクト」

分野:販路開拓

国・地域:マレーシア

事業内容:現地日系百貨店等での試食販売会「鹿児島フェア」及び現地バイヤーとの個別商談会を開催するとともに、鹿児島県人会等の人脈と協力し、鹿児島の情報発信等を目的とした「かごしま交流拠点」の設置を検討する。

途上国の自立教育支援と多様性の学び~カンボジアの開拓村での家庭菜園で生きる力つくり~

補助対象団体:いっしょき学校を作いもんそ会

該当する基本戦略:1「“アジアの日常化”の推進~国際化・アジアとの交流推進」

該当する重点プロジェクト:1「“かごしまでアジア”ふれあい体感プロジェクト」

分野:国際交流

国・地域:カンボジア

事業内容:現地開拓村の子供たちが学校に通える環境づくりのための家庭菜園講座を開設し、農業アドバイザーなどを現地に派遣するとともに、この取組を市民に紹介する公開報告発表会を開催する。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財政局企画部アジア戦略室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-808-7510

ファクス:099-216-1108

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?