• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > たばこ > 新型コロナウイルス感染症とたばこの関係

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2021年7月15日

新型コロナウイルス感染症とたばこの関係

新型コロナウィルス感染症と喫煙について

WHOのステートメントによれば、WHOが2020年4月29日に招集した専門家によるレビューにおいて、喫煙者は非喫煙者と比較して新型コロナウイルスへの感染で重症となる可能性が高いことが明らかになったことなどが報告されています。(2020年5月11日公表)

また、厚生労働省が発行した「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」の中で、重症化(ICUに入室または人口呼吸器が必要)のリスク因子として喫煙を挙げております。

(出典:厚生労働省「新型コロナウィルスに関するQ&A(一般の方向け)」、「新型コロナウィルス感染症診療の手引き第5版」)

喫煙所での感染リスク

新型コロナウイルス感染症の拡大防止には、「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けることが重要です。喫煙室は、限られた空間で複数の方が利用することから感染を拡大させるリスクが高い場所(マスクを外す、口元に手を近づける、密閉・密集した空間で感染者と近距離で数分間過ごす可能性があるなど)と考えられます。

厚生労働省は、感染リスクが高まる場面を避ける行動例として、喫煙室などに注意することを挙げており、これらの場所では距離が近づかざるを得ない場合があるため、会話や、携帯電話による通話を慎むよう呼びかけております。

(出典:厚生労働省「新型コロナウィルスに関するQ&A(一般の方向け)」)

新型コロナウイルスとたばこに関するアンケート調査

国立がん研究センターは、2021年5月「新型コロナウイルスとたばこに関するアンケート調査」の報告書を公表しました。

調査結果

  • 全体では、喫煙者が新型コロナウイルスに感染した際には、重症化しやすいと思っている人は55%であった。
  • 喫煙所が、新型コロナウイルスの感染が拡大しやすい場所だと思っている人は59%であった。
  • 新型コロナウイルス対策の一環として、喫煙所や喫煙室を閉鎖、あるいは使用停止にすることに賛成する人は58%に上った。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大に伴うステイホームや在宅勤務などによって、同居人の喫煙による受動喫煙は増えていると答えた人(非喫煙者)が10%いたのに対して、減っていると答えた人はわずか1.6%となっていた。

(出典:国立がん研究センター「新型コロナウイルスとたばこに関するアンケート調査」)

この機会に禁煙を!

喫煙者は新型コロナウイルスに感染した際の重症化や死亡のリスクが高いことが示されているのに加え、生活様式の変化によるストレス増加で喫煙量が増えることが心配されております。また、自宅にいる時間が長ければ受動喫煙の機会が多くなり、周りの家族の健康への影響も懸念されます。
この機会に、ぜひ禁煙をご検討ください。

 

禁煙したい方へ

 


よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健部保健政策課健康づくり係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6861

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?