緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

更新日:2022年11月1日

ここから本文です。

児童虐待

児童虐待防止推進月間・街頭キャンペーンの実施について

国が定める「児童虐待防止推進月間」(11月)に合わせて、児童虐待防止のための広報・啓発活動などを実施しています。

オレンジリボン街頭キャンペーンの実施

  • 日時:11月6日(日曜日)11時00分~12時30分
  • 場所:センテラス天文館(広場)及び天文館G3アーケード
  • 内容:児童虐待防止の啓発用チラシ、通報連絡先カード入りのティッシュ、啓発グッズ等を配付
  • 主催:鹿児島市(こども家庭支援センター)、鹿児島県(子ども家庭課)
  • 参加者

    市関係課、県関係課、中央児童相談所、中央警察署、鹿児島地方法務局人権擁護課、鹿児島市中学校長会、鹿児島人権擁護委員協議会、鹿児島県弁護士会、一般社団法人鹿児島市保育園協会、鹿児島市児童養護施設協議会、鹿児島乳児院、鹿児島県女性相談センター、鹿児島キワニスクラブ等

     

    その他の取り組み(11月の児童虐待防止推進月間の取り組み)

    • 啓発ポスター・チラシ作成・掲示等
      保育園、幼稚園、小学校、中学校、市電、医療機関、スーパーマーケット、コンビニ等
    • 大型電光掲示板によるスポットCMの放映(アミュビジョン)
    • 啓発のぼりの設置(市役所東別館入口)
    • 市民のひろばやSNS等(Facebook、Instagram、LINE、Twitter、まぐまっこアプリ)による広報
    • 庁内電光掲示板によるスポットCMの放映(市役所本館、別館入口)

    児童虐待の定義

    児童虐待とは、保護者がその監護する児童に対し、次に掲げる行為をすることをいいます。

     

    身体的虐待

    殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせるなど

    性的虐待

    子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にするなど

    ネグレクト

    家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど

    心理的虐待

    言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(DV)など

     

    児童虐待防止にかかる啓発紙

     

    連絡先

    児童虐待を受けたと思われる子どもに気づいたときは、下記に通報してください。通報者のプライバシーは守ります。

    鹿児島市こども家庭支援センター

    〒892-8677鹿児島市山下町11-1
    電話099-808-2665、(代表)099-224-1111
    FAX099-216-1284

    鹿児島県中央児童相談所

    〒891-0175鹿児島市桜ヶ丘6-12
    電話099-264-3003
    FAX099-264-3044

    児童相談所全国共通ダイヤル

    発信された電話の市内局番等から当該地域を特定し、管轄する児童相談所に電話を転送します。
    電話189(3桁ダイヤル)

    下のお問い合わせフォームからも通報できます。

     

    そのほか、「家庭児童相談」でこどもの性格や生活習慣、家族関係など、家庭における児童についての悩みごとなどの相談も受けています。お気軽にご相談ください。

     

     

     

     

お問い合わせ

こども未来局 こども家庭支援センター

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-808-2665 

ファクス:099-216-1284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?