• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年2月21日

農業に就きたい人は

1.就農相談

本市では、新規就農にかかる相談を常時行っていますので、お気軽にご相談ください。

[相談窓口]

〒892-8677鹿児島市山下町11番1号
鹿児島市産業局農林水産部農政総務課担い手育成係
電話099-224-1111(内線5208)、099-216-1515(直通)
FAX099-216-1336

就農にあたってのポイント

就農にあたっては、

  • (1)意欲と情熱
  • (2)家族の同意と理解
  • (3)経営作目と選択(野菜、花きなど、施設栽培、露地野菜)
  • (4)経営目標の設定(経営規模や販売方法など)
  • (5)就農地域の選択
  • (6)農業技術の習得
  • (7)営農開始や生活などに必要な資金の確保(自己資金、制度資金など)
  • (8)農地の取得
  • (9)農業機械や施設の整備
  • (10)住宅の確保
  • (11)地域住民とのコミュニケーション

などの事項について検討する必要があります。

2.研修制度

本市では、意欲と希望をもって新規に野菜等の栽培に従事しようとする者に対し、就農に必要な基本的技術及び知識を習得させるための研修を実施しています。

(1)研修内容

鹿児島市都市農業センターにおいて、野菜等栽培に必要な基礎及び実践的な体験実習を主体としています。

(2)研修期間

3ヶ月

(3)応募資格

  • ア.市内に在住し、18歳から55歳未満の者。
  • イ.研修修了後、本市内で野菜等栽培に従事し、これを生業とする意欲のある者
  • ウ.鹿児島県が定めた「青年等の就農促進に関する方針」に基づく認定就農者となる見込みの者。
  • エ.研修の全期間に参加可能である者。

(4)その他

  • ア.研修料は無料です。
  • イ.研修期間中は、本市からの交付金や給料等の支給はありません。

3.国の支援制度

次世代を担う農業者となることを志す人に対し、就農前の研修段階や、経営の不安定な就農初期段階の青年就農(予定)者に対して資金(準備型、経営開始型)を交付する事業です。

(1)農業次世代人材投資資金(準備型)

就農に向けて、鹿児島県立農業大学校や市町村農業公社等で研修を受ける就農予定者に、交付期間1年につき1人あたり年間最大150万円を最長2年間交付します。

交付要件は、下記のア~カのすべてを満たす必要があります。

ア.就農予定時の年齢が、原則50歳未満であること。

イ.独立・自営就農または雇用就農(農業法人等に雇用される就農)または親元での就農を目指すこと。

ウ.研修計画が県の認める研修先でおおむね1年以上かつおおむね1,200時間以上/年の内容であること。

エ.常勤の雇用契約を締結していないこと。

オ.生活保護、雇用保険制度(失業手当)、求職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業と重複受給しないこと。

カ.原則として青年新規就農者ネットワーク(愛称:一農ネット)に加入すること。

 

※準備型は、鹿児島県が相談窓口となりますので、各地域振興局(鹿児島、南薩、北薩、姶良・伊佐)・支庁(熊毛、大島)の担当部署へお問い合わせください。

(2)農業次世代人材投資資金(経営開始型)

経営開始直後の新規就農者に、農業を始めてから経営が安定するまでの最長5年間、年間最大150万円を給付します。

交付要件は、下記のア~キのすべてを満たす必要があります。

ア.独立・自営就農時の年齢が、原則50歳未満であること。

イ.認定新規就農者であること。

ウ.独立・自営就農であること。

エ.経営開始計画または青年等就農計画が、独立・自営就農5年後には農業で生計が成り立つ実現可能な計画であること。

オ.市町村が作成する人・農地プランに位置づけられている、もしくは位置づけられることが確実であること。あるいは、農地中間管理機構から農地を借り受けていること。

カ.生活保護、雇用保険制度(失業手当)、離職者支援制度など、生活費を支給する国の他の事業と重複受給でないこと。また農の雇用事業による助成を受けたことがある農業法人等でないこと。

キ.原則として青年新規就農者ネットワーク(愛称:一農ネット)に加入すること。

 

※経営開始型は、就農(予定)地やお住いの市町村が相談窓口となりますので、各市町村の担当部署へお問い合わせください。

 

【参考】農林水産省ホームページ(農業次世代人材投資事業)(外部サイトへリンク)

4.その他の支援

本市では、就農にあたって、下記のような支援も行っておりますので、詳細については、上記相談窓口にお問合せください。

  • 農地の確保に関すること
  • 営農開始に必要な施設の整備に関すること
  • 営農開始に必要な資金に関すること
  • 農業技術などの営農に関すること

写真:就農研修の様子

よくある質問

お問い合わせ

産業局農林水産部農政総務課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1333

ファクス:099-216-1336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?