• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 林務・水産 > 森林を伐採するときは届出が必要です

ここから本文です。

更新日:2020年4月2日

森林を伐採するときは届出が必要です

森林は、木材生産としての場だけではなく、災害の防止、生活環境の保全などいろいろな働きを持っており、市民生活と深い結びつきがあります。
この森林を無秩序に伐採するとこれらの働きが十分に発揮されなくなることから、森林の伐採状況を把握しておく必要があります。
そこで、森林所有者等の皆さんが森林を伐採するときは、一部の例外を除いて伐採する日の90日から30日前までに「伐採及び伐採後の造林届出書」(様式1)を提出してください。

平成29年4月1日以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、造林後30日以内に「伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況報告書」(様式2)の提出が義務付けられています。

 

ダウンロード

伐採及び伐採後の造林届出書様式

令和2年4月より様式を変更しました。

問い合わせ先

生産流通課

林務水産係099-216-1341

谷山農林課

農林係099-269-8484

喜入農林事務所099-345-3761

農政総務課

吉田農林事務所099-294-1217

桜島農林事務所099-293-2349

松元農林事務所099-278-5429

郡山農林事務所099-298-4861

お問い合わせ

産業局農林水産部生産流通課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1341

ファクス:099-216-1336

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?