• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療 > 後期高齢者医療保険料

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2017年5月2日

後期高齢者医療保険料

保険料の決まり方

保険料額は、制度を運営している鹿児島県後期高齢者医療広域連合が決定します。

保険料額は、被保険者全員が均等に負担する「均等割額」と、被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」との合計額になります。

保険料=均等割額(年間51,500円)+所得割額(総所得金額等-基礎控除33万円)×所得割率(9.97%)

保険料の賦課限度額は、年間57万円です。

(注)保険料を算出するための「均等割額(51,500円)」「所得割率(9.97%)」及び「賦課限度額(57万円)」は、2年ごとに見直しされます。

保険料の軽減

1.所得に応じた軽減

(1)均等割額に対する軽減

同一世帯の被保険者及び世帯主の総所得金額等の合計額をもとに、均等割額が軽減されます。軽減割合は、下記を基準に判定します。

軽減を受けるための申請は不要ですが、世帯主及び被保険者全員の所得が申告されていない場合は、保険料の軽減の対象となりません。

均等割額に対する軽減

総所得金額等の合計額が次の基準額以下の世帯

軽減割合

軽減後

均等割年額

33万円(基礎控除額)、かつ世帯内の被保険者全員が年金収入80万円以下(その他の各所得がない)

9割

5,100円

33万円(基礎控除額)

8.5割

7,700円

33万円(基礎控除額)+27万円×被保険者の数

5割

25,700円

33万円(基礎控除額)+49万円×被保険者の数

2割

41,200円

(注)各種控除前の金額の合計です(不動産・株式など分離課税に係る所得も含みます)。また、65歳以上の方の公的年金等に係る所得金額から15万円が控除されます。

(2)所得割額に対する軽減

所得割額を負担する方のうち、賦課のもととなる所得金額が58万円(年金収入でいうと211万円)以下の方は、所得割額が2割軽減されます。

2.被用者保険(会社の健康保険など)の被扶養者であった方に対する軽減

後期高齢者医療制度に加入する直前まで、会社の健康保険など被用者保険の被扶養者であった方(これまで保険料を納付していなかった方)は、負担軽減のための措置として、所得割額の負担はなく、均等割額が7割軽減され、年間の保険料が15,400円となります。

保険料の納め方

保険料は、被保険者となった月の分から納めます。

納め方は、「特別徴収(年金からのお支払い)」と「普通徴収(納付書や口座振替でのお支払い)」の2種類に分かれます。

(注)75歳になられた方や、鹿児島市外から転入されてきた方などには、順次「保険料額決定通知書」と「納付書」をお送りしています。

特別徴収(年金からのお支払い)

偶数月に支払われる年金から、保険料が自動的に差し引かれます。

ただし、お申し出いただくことにより「年金からのお支払い」を「口座振替」に変更することができます。

  • 「年金からのお支払い」を希望される方は、手続は必要ありません。
  • 「口座振替」を希望される方は、被保険者証・通帳・通帳の届出印をお持ちの上、長寿支援課、各支所福祉課・保健福祉課に『申出書』を提出してください。なお、「口座振替」にされても年間保険料は変わりません。
  • 世帯主、配偶者等の口座からのお支払いに変更した場合、これらの方の社会保険料控除として申告することによって、世帯としての所得税・住民税が減額となる場合があります。

【保険料額の通知について】

4月に仮徴収額(1~3期の保険料額)を通知し、7月に本徴収額(4~6期の保険料額)を通知します。

なお、2月に本徴収する保険料額が、翌年度の仮徴収額となるため、翌年度には仮徴収額の通知はおこないません。

年度途中で被保険者になった方は、特別徴収が開始されるまで納付書(普通徴収)で納めていただきます。

特別徴収(年間保険料)

特別徴収の期別

仮徴収

本徴収

4月

(1期)

6月

(2期)

8月

(3期)

10月

(4期)

12月

(5期)

2月

(6期)

前年の所得が確定していないため、前々年の所得をもとに仮算定された保険料額を納めます。

前年の所得をもとに確定した年間保険料から、仮徴収分を差し引いた額を3回に分けて納めます。

(注)上記の仮徴収と本徴収の合計額が、前年の所得をもとに確定した年間保険料額となります。

普通徴収

納付書や口座振替などの方法により納付していただきます。

【対象となる方】

  • 特別徴収に該当しない方
    年金額が年額18万円未満の方(介護保険料が年金から引かれていない方)
    介護保険と後期高齢者医療の保険料の合計額が、介護保険が引かれている年金額の半分を超える方
  • 年度の途中で被保険者となった方や、所得更正による保険料額の変更があった方など
  • 口座振替への申し出により、特別徴収から普通徴収に変更された方

【保険料額の通知について】

7月に保険料額を通知します。

平成29年度各期の納期限は、以下のとおりです。

保険料の納期限

納期

納期限

第1期

平成29年7月31日

第2期

平成29年8月31日

第3期

平成29年10月2日

第4期

平成29年10月31日

第5期

平成29年11月30日

第6期

平成29年12月28日

第7期

平成30年1月31日

第8期

平成30年2月28日

第9期

平成30年4月2日

納付書で納める方には、口座振替が便利です。

納入通知書・通帳・通帳の届出印を持って、口座のある金融機関等や長寿支援課、各支所福祉課・保健福祉課で申込手続きをしてください。

(注)振替開始月は依頼月の翌月以降となります。(口座振替開始通知を郵送します。)

(注)国民健康保険税を口座振替でお支払いされていた方も、改めて口座振替の手続きが必要になります。

後期高齢者医療保険料は、金融機関やコンビニエンスストア等で納付できます。

取扱い金融機関

後期高齢者医療保険料は、次の金融機関や郵便局で納付できます。

  • 鹿児島市指定金融機関

鹿児島銀行本店、各支店、各出張所及び代理店(但し、代理店での証券による納付はできません。)

  • 鹿児島市収納代理金融機関

次の本店、各支店及び出張所

銀行

南日本銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、肥後銀行、福岡銀行、宮崎銀行、

熊本銀行、西日本シティ銀行、宮崎太陽銀行

信託銀行

みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、三菱UFJ信託銀行

信用金庫

鹿児島信用金庫、鹿児島相互信用金庫、奄美大島信用金庫

組合

鹿児島興業信用組合

農業共同組合

鹿児島県信用農業協同組合連合会、かごしま中央農業協同組合、

グリーン鹿児島農業協同組合、東部農業協同組合、さつま日置農業協同組合、

いぶすき農業協同組合

漁業協同組合

鹿児島県信用漁業協同組合連合会

金庫

九州労働金庫

次の鹿児島市内各店舗

金庫

商工組合中央金庫

  • 日本国内のゆうちょ銀行及び各郵便局

取扱いコンビニエンスストア・MMK(マルチメディアキオスク)設置店

後期高齢者医療保険料は、次のコンビニエンスストア(全国の店舗)やMMK設置店で納付できます。

  • コンビニエンスストア(29年4月1日現在)

くらしハウス、コミュニティ・ストア、サークルK、サンクス、

スリーエイト、スリーエフ、生活彩家、セーブオン、セブン-イレブン、

デイリーヤマザキ、ファミリーマート、ポプラ、ミニストップ、

ヤマザキデイリーストアー、ローソン

(50音順)

  • MMK設置店(28年6月1日現在)

タイヨー東谷山店、鹿児島医療センター売店、親和会中央売店(鹿児島大学病院内)、

MaxValu上荒田店、コープ鹿児島宇宿店、コープ鹿児島吉野店、コープ鹿児島玉竜店、

コープ鹿児島荒田店、コープ鹿児島紫原店、コープ鹿児島城西店、コープ鹿児島西陵店、

コープ鹿児島谷山店、コープ鹿児島田上店、コープ鹿児島南谷山店、

ドラッグセイムス鹿児島皇徳寺店、ヤマザキYショップ鹿児島医師会病院店

【MMK(マルチメディアキオスク)とは】

バーコードを読み取ることによって収納手続きを行う端末のことで、小売店などに設置されています。

納付方法

納付書は納期別に一枚ずつとなっておりますので、納付の際は納付書に記載されている期別と納期限を確認のうえ、間違いのないよう期別の順に各納期限までに納付してださい。

ご利用上の注意

次の納付書については、コンビニエンスストア及びMMK設置店ではご利用できませんので、金融機関、郵便局、鹿児島市役所長寿支援課及び各支所福祉課・保健福祉課で納付してください。

  • (1)納付書記載の納期限を一定期間過ぎた場合。
  • (2)コンビニ収納用のバーコード(納付書左下部)が印刷されていない場合。
  • (3)納付書1枚の合計金額が30万円を超える場合。

後期高齢者医療保険料が電子納付できます。

鹿児島市の指定金融機関等のインターネットバンキング(パソコン)、モバイルバンキング(携帯電話)、電子納付対応ATM(現金自動支払機)を利用して、「ペイジー収納サービス」による後期高齢者医療保険料の電子納付ができます。

Pay-easy(ペイジー)とは

鹿児島市などの収納機関と金融機関をネットワークで結ぶことにより、納付者等がインターネットバンキング(パソコン)、モバイルバンキング(携帯電話)、電子納付対応ATMなどの各種支払手段を利用して、「いつでも」「どこでも」税金や公共料金等の支払いができるサービスです。

ご利用上の注意

  • 「Pay-easy(ペイジー)」マークのついた納付書だけが利用できます。
  • インターネットバンキング等のご利用には、金融機関等に事前に手続きが必要となります。手続き方法等については、各金融機関に直接お問い合わせください。
  • ATMのご利用には、事前の手続きは必要ありません。
  • 領収証は発行されません。領収証が必要な場合は金融機関、コンビニエンスストア、MMK設置店、市役所窓口で納付してください。

 

所得税や市・県民税の社会保険料控除の対象になります

  • 特別徴収(年金からのお支払い)の方には、前年分の「公的年金等の源泉徴収票」が年金保険者から1月下旬に郵送されます。
  • 口座振替でお支払いをされている方には、「後期高齢者医療保険料口座振替・自動払込済のお知らせ」を1月下旬に郵送します。

「本人名義以外の口座振替」で納めている人は、その名義人に社会保険料控除が適用されます。

紛失などで書類がない場合は、長寿支援課、各支所福祉課・保健福祉課で「納付確認書」を発行しております。

保険料を滞納すると…

納期限までに保険料を完納されない場合は、督促状が発布され、督促手数料を併せて納めていただきます。また、納期限までに納めた方との公平を保つために、本来の税額の他に、延滞の期間に応じて延滞金もあわせて納めていただくことにもなります。

特別な理由がなく保険料を滞納した場合は、通常の保険証より有効期限の短い保険証(短期被保険者証)が交付されます。

災害などの特別な事情により保険料の納付が困難なときは、保険料が減免になる場合がありますので、滞納のままにせず、お早めに長寿支援課、各支所福祉課・保健福祉課までご相談ください。

保険料は大切な財源です

後期高齢者の医療にかかる費用のうち、被保険者のみなさまが医療機関で支払う窓口負担を除いた分を、公費(国、都道府県、市区町村)が5割を負担、現役世代からの支援(若年者の保険料)が4割を負担し、残りの1割を被保険者のみなさまに納めていただく保険料で負担します。

制度が安定して運営できるよう、納期限までに納めていただきますよう、ご協力をお願いいたします。

お問い合わせ

健康福祉局すこやか長寿部長寿支援課 後期高齢者医療係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1268

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?