• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 感染症、流行疾患 > 感染症・感染症法に基づく届出様式及び届出基準(医療機関向け)

ここから本文です。

更新日:2021年11月30日

感染症・感染症法に基づく届出様式及び届出基準(医療機関向け)

感染症

保健所では、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下「法」とします。)に基づく業務を次のように行っております。

感染症の発生を予防し、又は感染症の発生の状況、動向及び原因を明らかにするため必要があると認めるときは、患者及び接触者の疫学調査等、必要な調査を行います。

一類感染症、二類感染症、三類感染症又は四類感染症については必要に応じ、関係者への健康診断、就業制限の通知、感染症の病原体に汚染された場所の消毒の命令等を行い、感染症の二次感染の防止に努めております。

一類感染症、二類感染症については、必要に応じ入院勧告や必要な措置を行います。

感染症法に基づく届出様式および届出基準

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく、発生の届出については下記の厚生労働省ホームページに掲載してある様式を使用してください。

平成30年5月1日から5類感染症に「急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎を除く。)」が追加され、15歳未満の患者については7日以内に保健所への発生届の提出が必要になります。

侵襲性髄膜炎菌感染症、風しん及び麻しんについては、5類感染症ですが、診断後直ちに届出をしてください。

1類感染症

診断後、ただちに届出

2類感染症

(結核は下記を参照)

診断後、ただちに届出

3類感染症

診断後、ただちに届出

4類感染症

診断後、ただちに届出

5類感染症

診断後、ただちにまたは7日以内に届出

海外渡航者のための情報

コンゴ民主共和国では、令和2年1月現在、3,000名を超えるエボラ出血熱の患者が発生しており、令和元年6月11日には、世界保健機関(WHO)より、隣国ウガンダ共和国でもエボラ出血熱の発生が確認されたと発表されました。

そのほかにも、海外には国内であまり見られない感染症などが多く発生している地域があります。

海外に渡航される方は、旅行前に渡航先で注意すべき感染症の種類や予防法などについて確認しておきましょう。

詳しくは下記のリンク先をクリックしてください。

お問い合わせ

健康福祉局保健部感染症対策課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?