• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 土地 > 土地取引 > がけ地近接等危険住宅移転事業

ここから本文です。

更新日:2017年5月15日

がけ地近接等危険住宅移転事業

お知らせ(5月15日更新)

平成29年度の受付を開始しました。

1.制度概要

がけ崩れなど危険な区域に建っている住宅の移転を行う方に対して、除却等費や移転先の建設費等を補助する制度です。

危険住宅についての説明図

対象となるのは、条例で制定した災害危険区域内又は建築を制限している区域内で、下記に該当する住宅(現に居住している住宅)が原則です。

  • 昭和46年8月31日以前に建築された住宅
  • がけの高さが、2m以上

2.補助の内容

除却等費

危険住宅の撤去及び移転等に要する費用

建物助成費

危険住宅に代わる住宅の建設(購入も含みます),土地取得,敷地造成のため,金融機関から融資を受けた場合の利子相当額(利率は8.5%を限度とします。)

3.補助金額(限度額)

補助金額

除却等費

802千円

建物助成費

建設

4,570千円

土地取得

2,060千円

敷地造成

597千円

補助金交付対象者は、上記の危険住宅の移転を行う者である他、市税を滞納していないことが条件となります。

4.その他

高齢者が居住する危険住宅移転のために、住宅金融公庫の住まいひろがり特別融資(親族居住型)や親子リレー返済、民間金融機関の融資を受ける方(当該高齢者の子等)も補助対象者となります。

 

お問い合わせ

建設局建築部建築指導課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1357

ファクス:099-216-1389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?