• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 入札・契約 > 公共工事(技術管理関連) > 「情報共有システム」を活用した工事の試行

ここから本文です。

更新日:2022年2月10日

「情報共有システム」を活用した工事の試行

公共工事において、受発注者の業務効率化、目的物の品質確保を図るため、情報共有システムを活用した工事の試行を開始します。

対象工事

令和4年4月1日以降執行伺い決裁分の鹿児島市建設局発注工事(建築部発注工事及び単価契約工事、降灰除去工事を除く)のうち、「土木工事標準積算基準書」の諸経費体系により積算を行った工事で、設計金額が20,000千円以上の工事を対象とします。

対象外の工事のほか、業務委託についても受注者が希望する場合は、対象とすることができます。

「情報共有システム」の定義

  • 情報共有システムは、「鹿児島市電子納品運用ガイドライン(案)【土木編】」に定めたもので、ASP方式とします。(ASPとは、「プリケーション・サービス・プロバイダー」の略)
  • 利用する情報共有システムのプロバイダは、受発注者で協議の上、決定することとします。

試行概要

  • 試行工事の対象である場合は、特記仕様書に明記します。
  • 施工計画書提出前に、受注者は「情報共有システム」の活用の意向を工事打合簿により発注者と協議し、実施の有無を決定します。
  • 情報共有システムにかかる経費は受注者の負担となりますが、工事費の共通仮設費の率に含まれます。受注者の希望により情報共有システムを利用する場合、設計変更の対象としませんのでご注意ください。

試行要領

 

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設局建設管理部管理課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1475

ファクス:099-216-1352

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?