緊急情報

現在、情報はありません。

閉じる

ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 女性の健康 > 乳がんの自己検診

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

乳がんの自己検診

見てチェックする(鏡の前で行います)

1.腕を下げて、乳房の形をよく観察します。

鏡の前で腕を下げて観察

2.次に腕を上げて同じように観察します。

腕を下げて観察

チェックポイント

  • 左右の乳房に差はないか
  • 乳頭に異常はないか
  • 乳頭から異常な分泌物はないか
  • 乳頭の表面に「えくぼ」のようなくぼみやひきつれはないか

鏡の前で確認

触ってチェックする(調べる側の肩の下に、タオルなどを入れて高くしておきます)

触り方:指でつままず、指の腹を小さく動かして滑らせるように触りましょう。

3.乳房の内側半分を調べるには、右腕を頭の後方に上げ、左手の指の腹で軽く圧迫して、まんべんなく触れてみます。

左手の指の腹で軽く圧迫し、まんべんなく触れる

4.外側半分を調べるには、右腕を自然の位置に下げ、左手の指の腹で同じようにまんべんなく触れてみます。

左手の指の腹で圧迫し、同じように触れる

5.ワキの下に手を入れて、シコリがないか、リンパ腺が腫れていないか調べます。

シコリがないか、リンパ腺が腫れていないか調べる

右の乳房の検診が終わったら、左の乳房も同じように検査します。

チェックポイント

  • シコリはないか
  • ワキの下にぐりぐりしたものはないか

ベッドに横になって確認

(注)少しでも異常を感じたり、自覚症状がある場合は、ただちに専門医にご相談することをお勧めします。

お問い合わせ

健康福祉局保健部保健予防課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-6927

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?