• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 防災・消防・安心安全 > 安心安全(防犯・交通安全) > 支援・助成 > 街頭防犯カメラ設置費に対する助成制度

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

街頭防犯カメラ設置費に対する助成制度

鹿児島市では、地域住民による防犯活動への取組を補完し、安心安全なまちづくりを推進するため、犯罪の抑止を目的に町内会等が設置する街頭防犯カメラ(以下「防犯カメラ」といいます。)の設置費用の一部を助成しています。

補助対象団体

町内会等(町内会、自治会等地域住民により組織された団体及び通り会、商店街振興会等商業又はサービス業を営むものにより組織された団体)

補助金申請書の提出先

申請書の提出先は、管轄の地区防犯団体連合会です。

令和4年度の申請受付期限は、令和4年8月31日(水曜日)までです。

また、補助金申請のほか、設置場所等に関する事前の相談も同団体で受け付けております。

(相談および申請先)

  • 中央地区防犯団体連合会(鹿児島中央警察署内)電話225-9090
  • 西地区防犯団体連合会(鹿児島西警察署内)電話252-9930
  • 南地区防犯団体連合会(鹿児島南警察署内)電話266-5666

管轄は添付の「防犯カメラ設置費補助金申請の手引き」の「防犯カメラに関する相談、申請の受付窓口」をご参照ください。

補助対象経費

  • 防犯カメラ、録画装置等の機器購入及び設置工事に係る経費
  • 防犯カメラの撮影を示す看板等の設置に係る経費

リース契約や、機器の保守費用・電気料金等の維持管理費は補助対象外です。

補助率・上限額

補助率:補助対象経費の2分の1以内(1,000円未満切捨て)

上限額:1台につき20万円を限度

主な補助金交付の条件

以下の条件を全て満たす必要があります。

  • 防犯カメラを設置する場所は、犯罪の蓋然性が高い場所であること。
  • 防犯カメラの設置は、地域住民の総意によるものであること。
  • 「鹿児島市街頭防犯カメラ設置費補助事業管理運用要領」を遵守すること。

管理・運用

防犯カメラの設置はプライバシーの侵害や監視社会への懸念もあることから、その設置及び運用に際しては、市民や団体などの権利利益を保護するため、慎重な対応が求められています。

本補助制度により、街頭防犯カメラを設置する町内会等の皆様には、添付の「街頭防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」等をご覧になり、防犯カメラの適切な管理・運用を行っていただくようおねがいします。

防犯カメラの管理・運用にあたっての主な遵守事項は以下のとおりです。

  • 撮影対象区域は道路等の公共空間の必要最小限の範囲とし、防犯カメラを設置している旨を表示すること。
  • 撮影した画像及び画像を収録した記録媒体を適正に管理・運用するために、「管理運用責任者」及び「操作取扱者」を指定すること。
  • 画像の保存期間は、原則として、1か月以内の必要最小限の期間とし、経過後は消去すること。
  • 第三者への画像提供は禁止とする。ただし、法令に基づく照会や人の生命、身体又は財産の安全を守るため、緊急の必要がある場合等は提供できるものとする。
  • 設置者(町内会等)は、街頭防犯カメラ管理運用規程を策定すること。

申請書等様式、手引き、要綱など

  • 街頭防犯カメラ設置費補助金交付申請書等様式

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

補助金申請や設置場所に関する相談は、管轄の地区防犯団体連合会までお問い合わせください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?