• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマについて

ヒトパピローマウイルスが病原体の病気で、性器周辺に尖ったようないぼがびっしりとできる皮膚症状が特徴です。

ただし、自覚症状が無い場合も多くあります。

このウイルスは皮膚や粘膜の微小な傷から進入して感染します。そのため、外陰部にアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎などがあると、特に感染しやすいといえます。

なお、このヒトパピローマウイルスの中には発ガンと関わっているものもあります。

潜伏期間は?

潜伏期間は長く、数週間から3ヶ月程度ともいわれます。

そのため、治療終了後も最低3ヵ月は厳重な経過観察をして、再発の早期発見に努めることが必要です。

症状は?

男性の場合・・・

陰茎、亀頭、包皮、陰のう、肛門周囲、尿道口などに薄い茶色のいぼができ、カリフラワー状になることもあります。

女性の場合・・・

陰唇、膣、肛門周囲、尿道口などに薄い茶色のいぼができ、カリフラワー状になることもあります。

分娩時の母子感染により、乳児が喉頭乳頭腫を発症する可能性も示唆されていますので、妊婦で発症した場合には分娩までに治療を終了する必要があります。

治療は?

レーザー治療、電気で焼く治療、液体窒素による凍結療法などがありますが、外科手術により切除する場合もあります。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?