• 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

後天性免疫不全症候群(AIDS)

後天性免疫不全症候群(AIDS)について

エイズ(後天性免疫不全症候群)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)が病原体の感染症です。

AIDSには、下記の意味があります。

A(Acquired:後天性)、I(Immune:免疫)、D(Deficiency:不全、つまり、だめになる)、S(Syndrome:さまざまな症状がある)

平成22年の1年間で日本では、新規HIV感染者が1,075件で過去3位、新規AIDS患者が469件で過去最多、合計1,544件で過去2位の報告数があり、増加傾向にあります。

潜伏期間は?

数年の場合や、十数年の場合など、人によって潜伏期間はさまざまです。

感染経路は?

性交渉の他、母子感染や輸血による感染などさまざまです。

症状は?

HIVに感染すると、体内でウイルスが増えて、体を病気から守るための免疫システムが破壊されます。

HIVに感染した場合の症状を特定することは非常に困難です。

免疫不全という言葉が示すとおり、免疫力が低下するため、さまざまな感染症にかかりやすくなります。

例えば、体内に入ってくる病原体が、腸炎を起こすようなものであれば、腹痛や下痢をしやすくなりますし、かぜのウイルスが体内に入ってきた場合は、微熱や咳が出たりすることもあります。

つまり、さまざまな病気にかかりやすくなるため、特定の症状を挙げることが困難なのです。

ちなみに、他の性感染症に感染していると、感染していない人に比べて数倍も感染しやすいともいわれます。

なお、免疫力の低下が進行し続けると、結核などの感染症やカポジ肉腫などの悪性腫瘍を併発します。この段階をエイズといいます。

治療方法は?

現在、エイズを完全に治す薬やワクチンはありません。

ただし、現在では治療薬の開発が進み、HIVに感染した場合にエイズの発症を遅らせることは可能です。

鹿児島県での発生状況は?

医師が患者を診断した場合は、最寄りの保健所に届出を行うことになります。

どうしたら検査ができるの?

特定の症状が分からないため、HIVに感染しているかどうかは検査をしてみないと分かりません。

検査は、採血を行い、血中のHIVの抗体(ウイルスの足跡のようなものです。)を調べます。

現在、保健所では毎週火曜日の午後1時30分~午後3時、毎月第2木曜日の午後5時半~午後7時に匿名でのHIVの検査を無料で実施しています。結果は採血からおおよそ30分程度で分かります。

匿名検査ですので予約は必要ありません。

詳しくはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

健康福祉局保健所保健予防課 感染症対策係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-803-7023

ファクス:099-803-7026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?