ここから本文です。

更新日:2018年6月13日

新産業創出研究会部会の活動状況

平成30年度の活動予定・実績

第1回健康部会の開催(平成30年6月26日(火曜日))

ヘルスケアビジネス創出セミナー「地域包括ケアシステムにおける保険外サービスの創造」

(注)「鹿児島市新産業創出研究会健康部会」は、経済産業省が地域への設置を推進している地域版次世代ヘルスケア産業協議会(外部サイトへリンク)に位置付けて運営しています。

健康部会・新事業展開部合同交流会の開催(平成30年6月26日(火曜日))

第1回新事業展開部会の開催(平成30年7月20日(金曜日))

現在、調整中

ヘルスケアビジネス・アクセラレーションプログラム(平成30年7月から31年2月まで)

少人数制産学マッチングイベント「かごしまTechミーティング」

第1回(平成30年6月27日(水曜日))

開催テーマ:鹿児島県の農水産物を利用した新しい健康機能性研究

発表者:塩﨑一弘氏(鹿児島大学水産学部食品生命科学分野准教授)

 

部会への入会については、随時、受け付けております。入会にあたっては、エントリーシートの提出が必要です。詳しくは、新産業創出に向けた取組をご参照ください。

過去の活動状況(平成25年度から29年度)

経済産業省「健康寿命延伸産業創出推進事業」(平成27年度)

健康部会の会員が連携し、経済産業省「健康寿命延伸産業創出推進事業」を活用したプロジェクト「かごしまアクティブエイジングツーリズム構築事業」に取り組みました。

「かごしまアクティブエイジングツーリズム構築事業」の概要

抗加齢(アンチエイジング)をテーマに、地域資源を活用した「観光×健康」を組み合せたモニターツアーを実施し、参加者のニーズや効果等を実証することにより、付加価値の高いヘルスツーリズムを構築するために取り組んだものです。

コンソーシアムのメンバー

  • 代表団体:MBC開発(株)
  • 参加団体:鹿児島相互信用金庫、(株)セイカスポーツセンター
  • 協力団体:社会医療法人博愛会(相良病院)、(株)TrueBalance、(有)縁、NPO法人桜島ミュージアム、(有)ファームランド櫻島、城山観光(株)、鹿児島市、国立大学法人鹿児島大学産学官連携推進センター

関連ホームページ

経済産業省「健康寿命延伸産業創出推進事業」(平成27年度)の実施結果については、同省ホームページ(「地域ヘルスケア・健康サービス」の項目)(外部サイトへリンク)に掲載されている「ヘルスケア産業の最前線2016パンフレット」で、本取組を含む全国の事例が紹介されていますのでご参照ください。

「新産業創出支援事業補助金」選定事業

  • 会員による新製品・サービスの創出に対する取組を募集し、鹿児島市新産業創出研究会で審査を行った結果、以下の取組に関し、補助金の交付を通じた支援(支援期間は2か年間)を行っています。
  • 平成30年度も公募しています。

事業者の名称

取組計画の名称及びその概要

支援年度

株式会社テクノマックス南日本

次亜塩素酸水(HOCl)と菌体肥料を使った土壌改良法の実証データの整理・解析

次亜塩素酸水(HOCl)と菌体肥料による土壌改良法の実証実験データの整理、解析法の指導及びこれらに基づく新規事業体制の確立と展開を図る。

平成24年度から25年度まで
有限会社TrueBalance

抗加齢医学に基づき、健康寿命を延ばすことが出来る専門家を育成する事業

健康寿命を延ばすことが出来る抗加齢医学に基づいた体験型健康医学教室(TsuminoryStyle医学教室)を鹿児島で展開することを目的とした人材育成を実施する。

平成24年度から25年度まで
カクイ株式会社

卵殻膜タンパクを用いた創傷被覆材の開発

卵殻膜タンパクがヒト表皮欠損部の再生を促進する効果があるか否かを検討するほか、invitroで培養ヒト表皮細胞ケラチノサイトと真皮線維芽細胞に対する増殖促進効果を観察するとともに、創傷被覆材としたときの治癒効果を確認する。

平成24年度から25年度まで
株式会社櫻岳

食品・食材の栄養・健康機能成分を引き出す「スーパーエキストラクター櫻岳水」の開発

食品・食材の栄養・健康機能性成分をよく引き出す「スーパーエキストラクター櫻岳水」を開発し、人々に健康への新たな視点を鹿児島から発信することで、健康で長寿の豊かな社会に貢献する。

平成25年度から26年度まで
八光工業株式会社

鹿児島県産未利用資源を活用した高機能集魚材料の開発

鹿児島県内で排出される未利用資源(きのこ廃培地、孟宗竹、焼酎かす)を配合して、集魚効果の高い新素材の開発に取り組む。

平成25年度から26年度まで
小平株式会社

鹿児島県産高糖度トマトを用いたマイクロギフトによる新しい消費者コミュニケーションと農業生鮮品流通モデルの構築

鹿児島県産トマトを用いたマイクロギフトの商品流通という新しい農業流通モデルを構築する。

平成25年度から26年度まで
日本澱粉工業株式会社

機能性糖質アンヒドロフルクトースの粉末製品と抗菌用途の開発

アンヒドロースに含まれる機能成分である1.5-AFの各種微生物に対する抗菌活性が最もよく発揮する条件を探索するとともに、それを基に具体的な食品や化粧品での用途に対してアンヒドロースの利用法を開発するほか、アンヒドロースの製品形態の幅を広げるため粉末状製品を試作する。

平成26年度から27年度まで
有限会社ノガミ産業

未利用資源である黒豚革を活用した携帯端末ケース「KRUM」の商品化

黒豚革を活用した携帯端末ケース「KRUM」のマーケティング及び商品化を行う。

平成26年度から27年度まで
特定非営利活動法人桜島ミュージアム

ロゲイニングの手法を応用した「リアルお宝探しゲーム(仮称)」のシステム開発

オリエンテーリングに似たスポーツ「ロゲイニング」の手法を応用し、修学旅行や社員研修など100人以上の大規模団体向けの体験プログラム「リアルお宝探しゲーム(仮称)」を商品化するため、スマートフォンを使ったシステムを開発する。

ジオアドベンチャー(外部サイトへリンク)

平成26年度から27年度まで
株式会社TrueBalance

健康経営実現のための企業版アンチエイジング医学教室創出並びに健康経営リーダー育成事業

個人版体験型健康医学教室をベースに、企業版体験型健康医学教室を創出するほか、健康経営を実現するため各企業の健康経営リーダーとなる人材を育成する事業を行う。

平成26年度から27年度まで
株式会社創企堂

出汁関連・鹿児島ブランド商品・サービス開発計画

出汁関連の企業、専門家及び大学との連携で、出汁関連の新商品(飲食レシピ、加工食品、サービス)を開発するとともに、鹿児島の出汁の歴史や薀蓄の情報を収集・発信し、ストーリーやコンテンツを商品の付加価値部分として開発し、ECを中心として販売を拡大し、最終的に鹿児島市内に出汁文化・商品の情報発信拠点を構築する。

南国食材商店(外部サイトへリンク)

平成26年度から27年度まで
医療法人仁愛会

健康増進サービス提供における人材育成

医学的サポートを軸に据えた健康増進サービスを提供するために必要不可欠な人材・有資格者を育成する。

メディカルフィットネスラルゴ(外部サイトへリンク)

平成27年度から28年度まで
社会医療法人緑泉会米盛病院

外国人を対象としたメディカルツーリズム(観光と医療)のビジネスモデル構築

メディカルツーリズムに必要不可欠な観光資源を活かし、航空会社、宿泊先、通訳等の企業団体や他の医療機関等と連携し、パッケージ化したビジネスモデルを構築する。

平成27年度から28年度まで
有限会社縁

毎日食べよう!かごしまの黒(アンチエイジング等の効果がある食材を使用した新商品開発)

アンチエイジング等の健康効果のあるポリフェノールを豊富に含んだ鹿児島の黒い食材を使用した商品を開発する。

カラダの中から美しく「Yukariシリーズ」(外部サイトへリンク)

平成27年度から28年度まで
株式会社テクノマックス南日本

環境にやさしい栽培法によるT・Yゴールド生姜の県特産品化に向けた研究開発

栽培が難しいとされる中生姜(ゴールド生姜)に関し、低農薬で環境にやさしい低コストの栽培方法を確立し、中生姜のゴールド生姜の特産化に向けた保存法及び機能成分を活かした加工法を産学共同で研究開発する。
T・Yゴールド生姜(外部サイトへリンク)

平成28年度から29年度まで
株式会社キュアケア

アクティブシニア層を醸成する鹿児島発「コンピュータゲームと体操の融合運動プログラム」の創出

鹿児島大学にて実証試験が進められているグランドゴルフ体感ゲームと体操プログラムを一体化した介護予防プログラムを商品化する。

キュアケアゴルフ(外部サイトへリンク)

平成28年度から29年度まで

公益社団法人鹿児島共済会南風病院

生涯現役社会実現に向けた「就労×健康×教育」創出プロジェクト

現在、取組中

平成29年度から30年度まで

株式会社TrueBalance

介護離職課題を解決し、新たな介護予防モデルとなる「ふるさと鹿児島元気くらぶ」の創設

現在、取組中

平成29年度から30年度まで
特定非営利活動法人桜島ミュージアム

海外向け新TSUBAKI(ハイエンドシリーズ)の商品開発

現在、取組中

平成29年度から30年度まで

 

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

産業局産業振興部産業創出課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1319

ファクス:099-216-1303

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?