• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 市政情報 > 選挙 > 選挙制度 > 学生の選挙権

ここから本文です。

更新日:2017年10月31日

学生の選挙権

学生の選挙権について

選挙で投票するためには、選挙権を有しているだけでなく、選挙人名簿に登録されていることが必要です。

選挙人名簿は、住民基本台帳(住民票)を基に作成されることから、進学等により引っ越しをした場合は、

住民票異動の届出が必要になります。

学生の住所は、最高裁判例により、現に居住する場合(修学地)とされており、実家に住民票があり、選挙人名簿に登録されていても、現に居住していないと投票できない場合があります。

住民票異動の届出をされても、新住所地の選挙人名簿に登録されるまでの間は、旧住所地の選挙人名簿に登録され、旧住所地で投票することができます。また、不在者投票の制度を利用して、新住所地において投票することもできます。

住民票は、選挙人名簿のほか、様々な行政サービスの基礎となる重要な情報ですので、

進学や就職等により引っ越しをした場合には、必ず住民票異動の届出をしましょう。


よくある質問

お問い合わせ

選挙管理委員会 選挙管理委員会事務局

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1470

ファクス:099-216-1472

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?