• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 人権啓発 > 人権問題 > 犯罪被害者等の人権問題

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

犯罪被害者等の人権問題

犯罪被害者やその家族は、平穏な生活が一瞬にして奪われ、精神的ショックや身体的ダメージはもちろんのこと、そういった状況の中で警察の捜査に協力したり、裁判にも出廷を求められたりします。

また、ケガや病気などの医療費の負担や、事件をきっかけに職場や住居を変えざるを得ない場合もあり、経済的な負担や労力も重なり、とても深刻な問題となっています。さらに、周囲の人のうわさ話や何気ない一言、マスコミの過剰な報道など二次的被害も生じています。

誰もが犯罪被害者となる可能性があります。犯罪被害者やその家族が社会において平穏な生活を送るためには、一人ひとりの正しい理解と思いやりが必要です。

お問い合わせ

市民局 人権啓発室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1232

ファクス:099-216-1207

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?