• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 人権啓発 > 人権問題 > 子どもの人権問題

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

子どもの人権問題

世界中には、貧しさや食糧不足、戦争などで苦しんでいる子どもたちが多数います。

1989年(平成元年)の国際連合の総会では、子どもの人権や自由を尊重し、子どもに対する保護と援助を進めることを目的とする「児童の権利に関する条約」が採択されました。

わが国でも子どもの人権尊重に向けた取り組みを積極的に進めていますが、子どもの人権が完全に守られているとは言いがたい状況にあります。

家庭において親などから虐待を受ける子どもの数は依然として多く、また、学校においては、いじめや不登校などの問題が発生しています。さらに、社会においては、児童買春、薬物乱用など子どもの健康や福祉を害する犯罪も多く発生しています。

このような問題の背景には、学校、家庭、地域社会における子どもを取り巻く環境の急激な変化などの要因が複雑に絡んで発生していると考えられます。特に、近年のパソコンや携帯電話などの普及により、インターネット上で他人のプライバシーを侵害したり、掲示板に悪口を書き込んだりするなどの行為が見られ、いじめなどの要因となっているところです。

大人たちは、未来をになう子どもたち一人ひとりの人格を尊重し、子どもの人権が尊重されるよう自らの責任を果たしていくことが強く求められています。

お問い合わせ

市民局 人権啓発室

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1232

ファクス:099-216-1207

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?