• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 人権啓発 > 人権問題 > インターネットによる人権侵害

ここから本文です。

更新日:2021年1月6日

インターネットによる人権侵害

インターネットは、不特定多数の利用者に情報発信を容易にできるといった面がある一方、発信者に匿名性があることから、他人を誹謗中傷する表現や差別を助長する表現が掲載されたり、犯罪被害者の実名や顔写真が掲載されたりするなど、人権にかかわる問題が発生しています。

また、最近では、出会い系サイト以外のゲーム、※SNS、掲示板などといった一般サイトでの犯罪被害も増えてきています。

インターネットを利用する一人ひとりが、個人のプライバシーや名誉、情報モラルについて正しい理解と認識を深めることが大切です。

(注)「SNS」
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語:SocialNetworkingService)人と人とのつながりを促進・サポートするコミュニティ型のウェブサイト

啓発資料

啓発ビデオ「インターネットと人権」(YouTubeが表示されます。)(外部サイトへリンク)

啓発ビデオ「インターネットの向こう側」(YouTubeが表示されます。)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

市民局人権政策部人権推進課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1232

ファクス:099-216-1207

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?