• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 消費者注意報・トラブル情報 > 給付金をよそおった「振り込め詐欺」にご注意

ここから本文です。

更新日:2017年5月25日

給付金をよそおった「振り込め詐欺」にご注意

市職員をかたる「振り込め詐欺」にご注意ください

市役所や公的機関の職員を名乗り、「本日中に申請すればお金がもらえる」という名目でATM(現金自動預払機)へ誘導し、携帯電話を使って、言葉巧みに現金を振り込ませる詐欺が発生しています。

また、「給付金の申請」「医療費の還付金」「保険料の還付金」などの手続をかたった電話がきたとの情報も寄せられています。

類似の相談事例1(平成29年5月発生)

「保険料の過払い金が発生している。1月に郵便で案内を送付したが、手続きをしていないようなので電話をした。どこの銀行に振込んだらいいか。」などの内容で、○○課の職員を名乗る者からの電話。

数分後、△△銀行を名乗る者から「市役所の○○課のスズキさんから連絡を受けた。」と電話があったが、不審に感じ電話を切った。

類似の相談事例2(平成29年1月発生)

包括支援センターを名乗る人物から、「今日までに手続きをすれば、15,000円の給付金もらえる」との電話があり、ATMに行くように言われた。不審に思い、電話を切った。

類似の相談事例3(平成26年7月発生)

市役所職員を名乗る人物から電話があり、医療費の還付金があるので社会保険事務局本局に連絡するようにと、県外の電話番号を教えられた。

教えられた県外の電話番号に連絡したら、ATMに行くように言われ、口座番号も聞かれた。断ったら、脅された。

アドバイス

これは、市役所等の公的機関の担当者と偽り、「申請をすれば給付金がもらえる」「医療費関係の還付金がある」などと説明してATMに行ってから連絡するよう促し、言葉巧みに誘導して相手の口座にお金を振り込ませる手口です。

電話や郵便などで現金を還付すると連絡がきた場合は、支払う前に、消費生活センターや警察等にすぐに相談しましょう。また、市役所等の公的機関がATMに誘導することはありませんので、絶対にATMに行かないことが大切です。

連絡先

市消費生活センター099-252-1919

警察#9110(全国共通短縮ダイヤル)

(注)市役所関係では、高齢者医療保障費、医療費控除、年金、国保などの還付金をかたる相談が寄せられていますが、この他「社会保険事務所」や「電力会社」などをかたる還付金詐欺も全国的には発生しています。

振り込め詐欺について、詳しくはオレオレ(振り込め)詐欺事件のページでご紹介しています。

お問い合わせ

市民局市民文化部消費生活センター

〒890-0063 鹿児島市鴨池2-25-1-31

電話番号:099-258-3611

ファクス:099-258-3712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?