• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報

ホーム > 暮らし > 消費生活 > 消費者注意報・トラブル情報 > オレオレ(振り込め)詐欺事件

ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

オレオレ(振り込め)詐欺事件

いわゆる「オレオレ(振り込め)詐欺」事件に注意しましょう!

警察庁によると、いわゆる「オレオレ(振り込め)詐欺」事件の手口は一段と巧妙になってきております。
従来は、犯罪グループが高齢者らしい人を捜して、息子や孫を装って電話をし、緊急に金が必要になったことを言って、銀行口座に振り込ませる手口でした。
最近は、手口が巧妙化し、警察官や弁護士、保険会社関係者等になりすまして、夫(息子)が交通事故を起こしたなどと称して示談金等を振り込ませる手口に変ってきています。
被害に遭われた方のほとんどが「オレオレ(振り込め)詐欺」を知っていたにも関わらず、実際に電話があると「頭が真っ白」になり、また、夫(息子)役は泣きじゃくっており、本当のことだと信じきってしまっています。
詐欺文言としては、「交通事故示談金名目」、「サラ金・ヤミ金等借金返済名目」、「妊娠中絶手術費用名目」、「会社でのトラブル(損失補てん、資金繰り)名目」、「刑事事件の示談金名目」などです。この他にもいろいろと変えてくることが予想されますのでご注意ください。

被害に遭わないためには

  • 電話での示談金等振込の要求は疑う。(警察官が示談話に関わることはない。)
  • 不審な電話は、相手に名乗らせ、自分や家族の名前を先に言わない。
  • 電話を切った後で、必ず身内等に相談する。
  • 本人の会社や自宅に連絡を取り、事実を確認する。事故等の文言のときは、「警察署に確認しますので、警察署名、事故の時間、場所、担当警察官の名前を教えてください。」と言う。
  • 不審に思ったら、すぐ最寄りの警察に連絡する。

「オレオレ(振り込め)詐欺」について詳しい情報をお知りになりたい方は、下記のホームページを参考にしてください。

お問い合わせ

市民局市民文化部消費生活センター

〒890-0063 鹿児島市鴨池2-25-1-31

電話番号:099-258-3611

ファクス:099-258-3712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?