ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

ヤミ金融

ヤミ金融とは

ヤミ金融とは、貸金業登録の有無にかかわらず、出資法の金利の上限である年20%をはるかに上回る超高金利で貸付を行う金融業者のことです。
以前は無登録で貸金業を営む業者のことを指していましたが、最近では登録業者でも違法な高金利で貸付を行う業者が増えており、現在ではどちらの場合でもヤミ金融と呼ばれています。

ヤミ金融のターゲットとは

ヤミ金融がターゲットとしているのは、主に自己破産者やサラ金などを利用している多重債務者です。業者は自己破産者や多重債務者の名簿を不正に入手し、ダイレクトメールや電話、ファクスなどで勧誘を行います。そのほかにもスポーツ新聞や雑誌、チラシ、最近では携帯電話のメールなどでも盛んに広告を行っています。

ヤミ金融の手口

ヤミ金融の手口には以下のようなものがあります。

融資詐欺

最近相談が最も多い手口。具体的には、ダイレクトメールなどで勧誘し、「借りたい」と電話すると、「あなたの信用をみたいから、○万円振り込んでほしい」と要求し、数回振り込ませるが結局融資は行われず、業者とは連絡が取れなくなってしまう。

押し貨し

契約もしていないのに、勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な利息などを請求する。

090金融

看板やチラシに携帯電話番号と業者名しか記載せず、携帯電話一本で融資を行い、法外な利息などを請求する。

リース金融

債務者の家財道具一式や車を一旦買い取ったあと、それを再び債務者にリースし、高額なリース料を取る。

被害にあわないために

被害にあわないために、以下のことに注意しましょう。

  • (1)甘い宣伝文句にだまされないようにしましょう!
    ダイレクトメール、チラシ、雑誌などで宣伝している業者のほとんどがヤミ金融業者です。
    「低金利」「ブラックOK」「即決融資」などの文言に惑わされないようにしましょう。
  • (2)登録業者かどうか確かめましょう!
    金融庁のホームページで、全国の財務局・都道府県の登録貸金業者の登録内容を検索できます。また、携帯電話でも検索できます。
  • (3)個人情報の取扱いは慎重に!
    安易に自分や家族の住所、電話番号、職場、口座番号などの個人情報を教えてしまうと、悪質な取り立てや押し貨しなどの被害を受ける場合がありますので、個人情報の取扱いは慎重に行いましょう。
  • (4)被害にあった時は、早めに最寄りの警察か県弁護士会(電話226-3765)に相談しましょう!

「こんなトラブルにご用心!!」に戻る

お問い合わせ

市民局市民文化部消費生活センター

〒890-0063 鹿児島市鴨池2-25-1-31

電話番号:099-258-3611

ファクス:099-258-3712

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?