ここから本文です。

更新日:2015年3月20日

名誉市民

称号を贈る条件

市民又は本市の縁故の深い者で、公共の福祉を増進し又は学術技芸の進展に寄与し、もってひろく社会の進歩発展に貢献し、市民の尊敬の的と仰がれる者。

選定

市長が市議会の同意を得て決定します。

表彰

名誉市民の事績は、市広報で公表し、表彰状、名誉市民章及び記念品を贈呈して表彰する。

待遇

市の公の式典への参列等。

受章者

勝目清(かつめきよし)氏

元鹿児島市長。昭和34年5月18日、名誉市民の称号が贈られました。昭和46年7月の死去に際しては、市民葬が執り行われました。

浜平勇吉(はまひらゆうきち)氏

元鹿児島市議会議員。昭和50年7月17日の死去に伴う同月21日の市議会葬において名誉市民の称号を追贈されました。

赤崎義則(あかさきよしのり)氏

元鹿児島市長。平成17年3月29日、名誉市民の称号を贈ることが決定し、同年5月31日、市民文化ホールで称号授与式が執り行われました。

中村晋也(なかむらしんや)氏

彫刻家、文化勲章受章者。平成26年9月29日、名誉市民の称号を贈ることが決定し、平成26年11月1日、市民文化ホールで称号授与式が執り行われました。

お問い合わせ

総務局市長室秘書課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1122

ファクス:099-216-1123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?