• ホーム
  • 暮らし
  • 健康・福祉
  • 子育て・教育
  • 文化・スポーツ
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 市政情報

ホーム > 環境・まちづくり > 環境保全 > 自然環境 > アナグマの目撃情報が増えています

  • 鹿児島市総合案内コールセンター サンサンコール 099-808-3333 年中無休 午前8時~午後9時

あなただけの鹿児島市 マイページ

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

使い方

ここから本文です。

更新日:2020年7月10日

アナグマの目撃情報が増えています

近年、私たちの生活と野生動物との距離が近くなり、アナグマなどが市街地でも目撃されています。

野生動物は人間と暮らしを共にしているペットとは違い、自然のままに生きていくのが本来の姿です。かわいいから、珍しいからといって近づかないでください。また、エサを与えることで、自力で生きることができなくなったり、人馴れなどが進み、生活環境や農作物への被害の誘因となるおそれがあることから、野生鳥獣へ安易にえさを与えないようお願いします。

アナグマの特徴

  • 鹿児島市内では、主に丘陵地や山地に生息している、頭胴長50cm程度のイタチ科の哺乳類です。体色はくすんだ褐色で、足と胸はやや濃い褐色を呈します。
  • タヌキに間違われることがありますが、足がタヌキより短く、全体にずんぐりした体型をしている点で区別できます。
  • 夜行性で、土壌動物などの小動物を捕食し、森林内の地表に掘ったトンネル内で家族生活をしています。アナグマ画像

 

 

 

 

 

 

 

アナグマへの対応

アナグマは鳥獣保護管理法で保護されている動物なので、許可なく捕獲してはいけません。

近づかずに、以下の方法で寄せ付けないようにしてください。

  • かわいいから、かわいそうだからといって、エサは絶対与えないでください(餌付けをしない)。
  • 動物のエサとなる生ゴミ・ペットフード等を外に置かないようにしてください。
  • 家庭菜園等は侵入されないようネットを張ってください。
  • 動物が住み着くような場所(床下、物置の下など)をしっかりとふさいでください。
  • 庭の収穫しない柿などの果樹は、伐採するか、管理しやすいよう縮伐するなど、動物のエサにならないよう注意してください。
  • 野生動物は臭いに対して非常に敏感です。臭いの強いもの(木酢液や竹酢液など)を直接まいたり、丸めた紙や布に浸み込ませて置いたりすると、嫌がって近づかなくなることもあります。

アナグマについて(PDF:165KB)

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1298

ファクス:099-216-1292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?